スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/4文フリ販売物

5/4に行われる文学フリマで面白グッズを売ってしまいますよ。

ちなみに文フリの招請についてはこちらをご参照ください→第二十回文学フリマ東京 開催情報

熊谷雑文組合のブースは『C-06』です。他にも捜索文芸などあります♪

aDSCN3802.jpg
aDSCN3803.jpg
まずはスタンダードな本カバーです。模様がある部分は水蛇の革を使用。
本を収納する内側は本の入れ替えをしやすいように滑りやすい革で製作しています。

aDSCN3805.jpg
本を装着するとこんな感じです。

aDSCN3808.jpg
aDSCN3809.jpg
かなり魔道書らしい外観です。

aDSCN3811.jpg
aDSCN3814.jpg
前作では本を開くたびにベルトのバックルの外さなければならなかった(開くのがめんどくさかった)のですが、今回からは反対側のベルトの基部がホックに成っていますので、簡単に開閉が出来ます。



aDSCN3834.jpg
aDSCN3836.jpg
こちらは十字架の入ったRPGゲームなどで見かけそうな感じのデザインです。

aDSCN3837.jpg
本を装着。

aDSCN3839.jpg
aDSCN3840.jpg
かなり中二病心をくすぐられるデザインに仕上げています!ホック式なので開け閉めも楽です。

aDSCN3842.jpg
背の部分のベルトが独立していますので、魔同士のやるような本を構えるポーズも出来たりします。




aDSCN3824.jpg
aDSCN3826.jpg
こちらは蛇革でクラシックな印象の色使いの本カバーです。

aDSCN3832.jpg
古い革製本の本のような雰囲気がありますね。開閉もホック式なので楽です。

aDSCN3828.jpg
aDSCN3829.jpg
水蛇と比べて鱗部分に立体感がありますので高級感があります。



aDSCN3793.jpg
aDSCN3795.jpg
珍しいイグアナの革を使用した本カバーです。鱗がキメ細かく、模様も大きめなのでドラゴンっぽく、剣と魔法の王国でも使えそうな一品です。

aDSCN3798.jpg
本を装着。

aDSCN3799.jpg
aDSCN3800.jpg
背表紙にベルトを通せる場所がありますので、付属のベルトで閉じる事も出来ます。かなり魔道書らしい感じに成りますね。



aDSCN3816.jpg
aDSCN3817.jpg
高級なパイソンの革を表面に使用した本カバーです。

aDSCN3820.jpg
aDSCN3821.jpg
パイソンの革は鱗が大きく美しいので、それを生かす為、ホックやベルトなど固定用の金具をこの本カバーには付けていません。



aDSCN3843.jpg
aDSCN3846.jpg
aDSCN3847.jpg
茶色い皮を使用した本カバーです。一色なのでシンプルに見えますが、金具は多めで情報量の多いデザインです。

aDSCN3849.jpg
この本カバーは閉じたときに真価を発揮します。写真のように革製のアタッシュケースのような形態になります。

aDSCN3852.jpg
カバンのように持つ事も可能。

aDSCN3855.jpg
aDSCN3857.jpg
金具の基部がホックなので本を開く際に一々ベルトを外さなくてもいいギミックも搭載しています。



aDSCN3776.jpg
aDSCN3777.jpg
aDSCN3779.jpg
最後に高級な牛ヌメ革を使用したプレミアム品の紹介です。ヌメ革なので使い込むほど味が出ます。

aDSCN3783.jpg
aDSCN3785.jpg
aDSCN3781.jpg
ベルトの基部は回転式で閉じた際に横方向でも縦方向でも固定可能に成っています。
又、片方のベルトの基部がホックなので開閉も楽です。外見も魔道書風に仕上がっています。

aDSCN3786.jpg
aDSCN3792.jpg
背の方向にベルトを回す事で魔同士風に背表紙ベルトに手を通して持つ例のポーズもとれます。


というわけで本カバーの紹介でした。普通の本カバーに満足していない方は是非実物を見に来て下さいね
スポンサーサイト

11/4文学フリマ出ます!(ブースc‐39)

表題通り、11月4日(月曜祝日)の文学フリマに出ます。

場所は都区内ですがちょっとめんどくさい、東京流通センター 第二展示場(E・Fホール)です。どこやねん?って思う人が大多数だと思いますが、文学フリマの公式ページに詳しく載っていますので、ご参照ください。一応ホール自体はマイナーですが駅前です。

文学フリマのページです→http://bunfree.net/?17th_bun


イベント自体は、入場料無料で、入場者はカタログも無料でもらえるという結構お得な感じだったと思います。カタログはたぶん変更なければ無料です。無料じゃなかったらごめん!!

で、今回の頒布物ですが・・・まだよくわかんないです(笑)


ただ、たぶん確実に持っていける新刊がこいつ↓
2表紙
●IMMORAL ROBOTS2 (インモラル ロボッツ2)
1巻が洋書SFのペーパーバックっぽい感じだったので、一応今回はアメコミっぽい感じを意識して表紙を作ってみました。ただ、色づかいは北欧調ですが・・・表紙人の腹が太いのは、1巻を読んでくださった方はご存知かもですが、自己増殖している妊婦の設定だからです。

内容は前回の続き。一応四部作の2作目。1巻はロボットVSロボットでしたが、2巻はロボットVS生物兵器みたいな感じです。1巻ではほとんど語られなかった、主人公たちの生きている近未来の世界の荒廃した現状や、千葉県ネタがふんだんに盛り込まれています。これを読めば、千葉県がぐっと近い存在に感じることでしょう。

前回は設定資料以外に挿絵がない感じでしたが、今回はかなり頑張って挿絵を増やしています。というか前回は久しぶりに絵を描いたというのも有って、どんだけ下手なんだよ~って自分で突っ込み入れてましたが、今回はちゃんと描いてますねん★

2裏表紙
背表紙はこんな感じです。1巻はひざ丈くらいのロボコン用のロボットが主役でしたが、今作からは、より近未来らしく、パワードスーツ系も登場します・・・といっても、途中までスクールウォーズ的なテイストでノリノリで書いていたら、ロボットの事をすっかり忘れていて、題名に「ロボット」と入っているのにロボットが出てこないのはヤバいなぁって思ってロボットを後半から無理やり活躍させている感じです。

ただ、同じように題名に入っている「インモラル」の方は、今回もフルスロットルで収録していますのでお楽しみに!あと、文体はラノベ調にしてあるので若干読みやすいように気をつかっています。


一応1巻の方も再販予定です↓
表紙a
表紙b
●IMMORAL ROBOTS (インモラル ロボッツ)
記念すべき第一作!?
数百年後の高校生ロボコンの話。ロボコンですが、今日のロボコンのように毎回競技が違うわけではなく、サッカー、一筋です。でも、作者があんまりサッカーを知らないので、サッカー的な事は基本的にしません。ロボット同士のガチバトルがほとんどです。あと、高校生が主人公なのでラブコメ要素も入れています。
小説本編の他にマシンやヒロインたちの設定資料付きの豪華版っ!



あと、夏コミで出した↓
●MOB mob-over-boost 2013 summer
内容は善浪が4月の文学フリマで発表した超絶機動ヴィルトーソの続編というか外伝を書いています。あと朽葉さんもヴィルトーソのスピンオフ作品を書いています。又、小説作品だけでなく環さんによるレトロなプラモレビュー
とか、その続編が出るかは不明。出せる場合は、出すメンバーが、続報とかブログに書くかもです。善浪がMOBmob-over-boost 2013 summerの後篇を出すというので、出すと思います。

続報があったら、またブログやら、ツイッターやらで発表するかもです。

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

いままでと、そしてこれからを。

先月末、幕張で行われた文学フリマにおいて
新刊2冊(合同誌1冊・善浪個人誌1冊)を引っ提げ、
普段より年齢層若めの方々に来訪していただいた
我々、熊谷雑文組合。

イベント終了から3週間近く経ってしまいましたが、
新刊についてご紹介したいと思います。

mobero.jpg
新刊1:Mob-18
今回の文学フリマは「エロはアカン」とはっきり規約に書かれていました。
それを逆手にとって、『エロス』(※使えない)をお題に
サークルの面々で競作した一冊。コピー誌です。

mobvir.jpg
新刊2:超絶機動ヴィルトゥオーソ
善浪栄一個人誌です。作者お得意のロボもの、
本来は文庫本に収めるべきボリュームを無理矢理B5サイズに収めたため
110ページというコピー本にあるまじきページ数になってしまいました。



sabato.jpg
さて先日、都内某所で夏コミの打ち合わせと称して
アラサー男5人でアニメを見ながら紙コップで酒を飲み、
アイスキューブを奥歯で噛み砕きつつ乾きものを貪り食う、
【彼らの週末】(作:平野耕太。単行本未収録)ばりの光景が展開されました。
(画像はイメージということにしてくださいです)

今回は、その座談会の様子をダイジェストでお伝えいたします。

「ああ、氷河期が早くこねえかな」
「もし来てもアンタ真っ先に死ぬでしょ」
「まず地上が氷に閉ざされるだろ、そして遠い未来、
 科学者がアイスマン俺を発見する、完璧な計画だ」
「今週、主人公がしたことは30分かけて
 焼き肉のタレを取りに行く、これだけです」
「考えたら俺って、土下座したらヤらせてくれそうな
 ヒロインに弱いのかなあ」
「先輩とヒロインの好みが被ったことに
 強い遺憾の意を示します」
「外面は変態だけど超実用的だから仕方ないよねっ」
「ええい、快楽天ちゃんの出番はまだか」
「なんで神の河を買ってきたんですか?」
「待て、それにはちゃんと理由があってだな……」
「虚淵脚本ということは、こいつらのうち
 何割かは凄惨な死にっぷりを見せてくれるのか、胸熱」
「いや、今回は大丈夫なんじゃないかとtwitterで」
「死ぬのはオッサンだけでいいんだよ。
 オッサンが死に絶えた後は美少女だけのセカイが」
「あれ、アスミス出てたんだ?」
「ロリのほうですよ。気付かなかったんですか?」
「ケツを見てたら声を聞き忘れた」
「脚も見ましょうよ、脚もおおおお!」
「水着があと7cmずりおちたら尻穴のシワがチラリズム」
「ニートに就職を促すためのアニメだというのが
 私の見解ですね」
「CG戦艦戦闘シーンを見ると、海上自衛隊協力アニメの
 タクティカルロアを思い出すなあ」
「カラオケでOPは歌いますが本編は、ねえ」
「途中出場のロリっ娘がレズで艦長にちゅーしてた」
「それにしてもこのシーン、明らかにヒモとして
 生きることを決意した表情ですよね」
「すまん、そのペンネふた箸くれ」

かように激アツな妄言が飛び交った結果、
方向性がある程度固まりました。
夏コミのテーマは、受かっていたら"メカミリ”です。

ロボだのFPSだのドールだのプラモだの、
各人の考えるメカ、ないしミリタリーの要素を
思い思いにぶちまけた冊子を予定しています。

テーマ : 同人誌
ジャンル : 本・雑誌

【新刊】別冊モブ Vol.1

文学フリマ120506
当サークルとしては5ヶ月ぶりの同人誌即売会となる文学フリマに、
萌兄氏の奔走のかいあって間に合った新刊を引っさげて
参加してから10日以上経ちました。

参加告知をしてから、当ブログは工房員によって
5回更新されていますが、

5月5日 連載小説2-14(善浪)
5月6日 (イベント参加)
5月9日 恋愛歌謡曲の話(環)
5月13日 ドール改造の話(茸)
5月13日 エロゲー雑誌の話(環)
5月15日 連載小説2-15(善浪)

誰も冊子について触れてません。

ちゃんと新刊を出したにもかかわらず
2週間近く告知なしとは実に当サークルらしいといえなくもないのですが。


というわけで、やや遅くなりましたが、
先日の新刊の内容をかいつまんで紹介させていただきます。

別冊モブ1
別冊 月刊モブ Vol.1
(2012年5月6日 発行)

月刊と銘打ってますが、実際の刊行ペース(以下略)

創作3本、レビュー1本を収録しています。

・例えば君の未来(萌兄)
 「君」の選択肢は無限大だ。例えばこんな未来が待っているかもしれない。
 さあ始めよう。これは、ゲームなのだから。

・閃光少女~超絶機動ヴィルトゥオーソ外伝~(善浪栄一)
 年若いにもかかわらず格闘戦用人型機械GIGSの
 パイロットとして活躍していた少女、ジュリアはスランプに陥ってしまう。
 ランクの落ちる相手との対戦で復調のきっかけを掴もうとするが……。

・明日のために必要なコト(加糖コージ)
 他人には理解してもらえないかもしれない。
 しかし、私は人を殺さなければならないのだ。
 今夜も、街の片隅で誰かの命が奪われることになる。

・左手でクリック!(環俊次)
 美少女ゲーム11本のレビュー。執筆者の嗜好の関係で
 好事家の間でも話題にのぼることの少ないタイトルを
 メインに採り上げています。

5/6文学フリマ出ます!

来る5/6、文学フリマに出場いたします!

開催時間やアクセスについての詳細は、文学フリマのHPをご参照ください。

当、熊谷雑文組合のブースはEホールのE-33です。

今回は工房員の書いた小説3篇と評論1篇を収録した文庫本サイズの冊子を販売する予定です。

文学フリマの入場は無料ですのでもしよろしければお寄り下さい。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。