スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/3ドール用のレザーアーマー

今週末はドールショー。その準備で忙しいですが、一応新作も作っていたり。

最近ずっとプレートアーマーというか、金属甲冑ばかり作っていましたが、今度はもうちょっとメルヘンじゃないもの作りたいなとか・・・

RPGゲームの最初のあたりで手に入るどっちかと言うと防御力は残念だけど、軽いし安いから初心者向けです!的な装備として武器屋のおじさんがオススメしてくる系装備「レザーアーマー」でも作ろうかなと。

DSCN0399.jpg
というわけで作ったのがこれです。

だいたい最近作っていた作品は過去作ったモノの設計図を流用して焼き増ししている作品が多かった(プラモで言うところのコンパチ商法みたいな・・・)のですが、今回は全て新規に型紙を書きました。

レザーアーマーと言いながら、肩が金属でゴツイ!金属は今回のコンセプトとして、あんまり使いたくなかったのですが、肩部分は型崩れしてほしく無かったので仕方なく使った感じですが、思ったよりカッコ良かったので、まあいいかなと。

ただ正面からだと腹部分以外はレザーアーマー的な感じじゃ無い!という出来上がりに成ってしまいましたね。胸の部分は胸の大小にかかわりなく多くのドールで装着できるようにとか、立体を組むのも面倒だし時間無いしとか、ツイッターで胸の部分が無い方が色々な意味で魅力があると指摘されたりとか、そういう諸々の理由で装甲はオミットしています。ただ、追加装甲として付けられるように脇腹に金具は付けてありますが、いまの所作る予定は無いかったり・・・ドールショーが終わったら作るかもです。

DSCN0438.jpg
今回の装備は裏側が肝です。かなり個人的に本格的な雰囲気でカッコ良く出来た気がします。今回はベルト止め方式を採用して、若干体型の異なるドールや、服を着込んだ時にも装着できるように遊びを持たせています。過去作った作品の感想で「首周りの装甲が薄くて首が長く見える」みたいな指摘があったので今回は首部分の装甲も追加、首の部分は内部に針金が仕込んであってドールの首の太さに合わせて曲げて形を固定出来たりします。

正面にもありますが、今回は肩の装甲の横に脇を守るためのプレート状の装甲を吊るしてあります。何時も作っているような金属甲冑では脇の下がガラ空きに成っていたので今回は構造に余裕があるので追加しました。

DSCN0402.jpg
そして今回の一番のポイントは肩装甲の可動範囲です。金属甲冑だとあんまり腕とか上げられなくてさびしかったので今回は冒険しました。

まず、何時ものように肩のアーマーが上下に稼働するので、上の写真の様に水平に上げる事もできますが・・・

DSCN0409.jpg
今回はそれに加えて水平方向にもスイングするので装甲をずらして腕をめいいっぱい上げたりできます。脇の部分のプレート状の装甲も肩のアーマーと同じ軸で接続されていて個々に可動可能。

DSCN0422.jpg
というわけで、ガンダムサンドロックを意識したようなポーズもとったり出来ます。ちなみに私はガンダムウイングでは地味な方のヘビーアームズとサンドロックが好きです。凄く関係無い話ですが・・・


無駄話は置いといて、今回は更に可動範囲を追及。肩のアーマーと肩ベルトの接続部分も前後にスライドする構造を採用することで、肩のアーマーを全体的に前後にずらす事ができます。

DSCN0444.jpg
極限まで後方に基部をズラすと肩のアーマーをバックパックみたいに出来たりします。トールギスぽくてカッコいいです。別にこういう事を意識して作っていたわけでは無いですがこれは嬉しい誤算ですね。若干ウソっぽい感じに成ってしまうのは御愛嬌。

御愛嬌ついでに、限りなく前面方向にやるとこんな・・・
DSCN0449.jpg
簡易胸のアーマーになったり・・・これはちょっとふざけ過ぎですね・・・カッコよくも可愛くも無いしですしね。

スポンサーサイト

テーマ : ドール
ジャンル : サブカル

自己紹介+趣味書評

はじめまして、加糖コージです。
近年、まったく創作活動をしていなかったのですが、かつての縁により、青春系物書きの端くれとして復活しました。
学生時代の郷愁を少しでも感じて拙作を読んでいただいたのならば、幸いです。

このブログ上では超・不定期に好みの本を紹介していきます。
趣味に走りまくりですので、私の作品のテイストとは違ったものが出てくるかも。


初めてはやっぱり青春モノ。
加納朋子先生の「少年少女飛行倶楽部」。
少年少女飛行倶楽部

もともとはほんわか系ミステリー作家の加納先生。新境地です(発売去年だけど)。
活動内容は「空を飛ぶこと」という部活、「飛行クラブ」。
そこに入ってしまった少女は、変人部長をはじめとする一癖ある面々と問題を抱え、「飛行」するため東奔西走する、といった内容です。

私的ポイントは上の表紙の真ん中にいるポッチャリ系男子の少年、球児君。
野球が嫌いな野球部員という子なのですが、彼の野球に対する思いは非常に面白いです。
ある意味、非常に「モブ的」な人物かも。

学生時代に部活に熱中した人もしなかった人にも、どうぞ。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。