スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「びおろじっ!」~新しい萌え4コマを考える~

 今年も終わりですね。
 でもだからといって特に今年を振り返ることも無く通常運転なのです。まあ大晦日に引っ掛けたネタが思い付かないからってのもありますが。
 では今回の企画はこちらです。

・萌え4コマ「びおろじっ!」企画案

〇企画趣旨
 「びおろじっ!」は「高校の生物部」という、何をやってんだかよくわからない特殊環境に置かれた生徒達(主に女子)の高校生活を描く。
 主にぬるま湯のようなユルいコメディ的な雰囲気を基調とするが、「生物うんちく」や「生き物との死別」「生きることの意味」など、生物部ならではのエッセンスを通じて、少女たちの成長物語も描かれる。
 最近流行りの萌え4コマ業界に一石を投じる作品となれば幸いである。

〇舞台
 東京西部の私立高校が舞台。西東京は近隣に自然が多く、フィールドワークを行いやすい。またそこそこ広く、金があり、生物部(などという存在価値の希薄な部活)の活動スペースが問題なく取れるおおらかな校風の私立高校が多いのである。

〇生物部
 実在の生物部がモデルである。
 実は私が高校時代所属していた生物部であるが、ろくに研究活動を行わず、近くの川でザリガニ釣ったり、雪の降る中キャンプしたり、わけのわからないマイナー爬虫類育てたり、学祭で吹き矢大会やったり、部員がやたら濃かったりと学内で最もフリーダムな部であった。
 コメディの舞台としては資格十分であると考える。
 活動場所は特別校舎二階の端、第二理科室及び理科準備室、また第二理科室に隣接するバルコニー。ロクに活動しないくせに、広い。
 通称は「ぶつぶ」である。

〇登場人物
 女子生徒が主であるが共学であるため男子生徒もいる。というか、女子高で生物部というカオスな組織が存続できるかどうか疑問である。
 
・三島有紀子(1年女子)
 本作の主人公。
 特に目標もなく高校に入学し、部活に入る気もなかったのだが、新入生歓迎会の部活紹介で「テントを組み立ててバラすだけ」という生物部のアピールがツボに入り入部を決心。このエピソードからもわかる通り、ちょっとおつむの残念な子である。
 本作ではこの三島が生物部に入部し、色々な生物や部員などと共に学生生活を送りながら、ゆっくりとさり気なく、しかし確実に成長していく過程が描かれる。具体的には「たとえどんなにぬるく、目標も結果もあやふやな生活であったとしても、それが思い出となった際には確実に人生を支える経験となる」という人生観に基づくある種の悟りであるが、当の本人がそれに気づくことはない。
 ただ笑って、高校と生物部を巣立っていくのみである。

・槙野沙紀(1年女子)
 本作におけるツッコミ役。
 中学まではヤンキーとして地元に君臨するも過去をすっぱりと捨て、偏差値のそこそこ高い、自分のことを知るもののいない高校に入学。おしとやか系優等生として逆高校デビューを狙う。しかし出席番号順で三島と隣になったことが運のつき。天然な三島のツッコミに大いに地を晒すことになる。
 その後三島に「一緒に生物部に行こう」と誘われ、本人にはその気は全くなかったにも関わらず、そのまま三島と生物部のペースに巻き込まれなし崩し的に部員となる。
 基本的には心優しく、責任感の強いタイプであり、生物の世話も真面目にこなす。
 家は金持ち。中学でグレていたのは抑圧的な家庭に対する反発である。
 生物部での経験と友人関係がもとで家庭内の不和を改善させ、物語中最もドラスティックな成長を遂げる。
 リトルリーグ出身。サウスポーで「和製江夏」の異名を取っていたことがある。

・中村智(1年女子)
 無口な生物オタ。眼鏡。
 三島、黒田の入部以前に自主的に入部。高校に入った瞬間から生物部への入部を決めていた。
 生物、特に昆虫オタであり知識量は部内一である。
 ただ生物分野以外の知識はほとんどなく、興味も薄い。対人関係も苦手。最初は三島ら他の部員とも距離を置いている。
 三島の無神経とも言えるお節介に徐々に心を開いていく。
 志望校は東京農大。将来はビオトープ管理士になるのが夢。
 三島、黒田とは一年同士でよくつるむ。
 眼鏡を外すと美人なのか眼鏡のままの方がいいかは任せます。

・土屋周一(2年男子)
 不良でもなく、かといって優等生でもない、しかし学内で妙に目立つ「奇人」。
 無口で何を考えているかよくわからない。特に生物の知識が深いわけではなく、興味もあるわけではないが「何故か」生物部に所属している。
 体力、アウトドア能力に長け、キャンプ合宿などに活躍する。
 一年時、生物部の育てていた植物を踏みにじった三年の不良を半殺しにしたという噂があり一目置かれている。

・東雲春(2年女子)
 自称「宇宙人」。
 掛け値なし、正真正銘の「奇人」。学内一の美貌を持つ。
 入学時より「レティクル座第215星系から来た」と主張。クラスメイトをドン引きさせた後、その美貌に魅かれた男たちを奇行危言で次々と精神崩壊に追い込んだ。
 その為クラスどころか学内で孤立し、いじめ一歩手前まで進行したが、同じクラスの土屋に誘われ「奇人の巣」生物部に入ったことで鎮静化する。
 好奇心が異常に強く、生物分野に関わらず自分の知らない物事に対する執着は凄まじいものがある。
 一般的な家庭を持っているが、本人曰く「あくまでもカモフラージュとして洗脳した地球人の家に住んでいるだけ」。
 同じクラスでもある土屋とよくつるむため学内では奇人同士付き合っているという認識が一般的。本人たちにその認識はない。

・青山(3年男子)
 生物部部長。
 180センチ近い長身とプロレスラーのようなガタイ、ゴリラさながらの顔面を持ち学内では恐れられるが、生物を愛する心優しき男。身体能力は高いが球技は苦手。 
 生きとし生ける全てのものを愛してやまないが、羽毛のある生物にアレルギーを持っているため、その愛は主に爬虫・両生類、魚類、昆虫に向けられる。家が学校に近い(徒歩5分圏内)ので家で飼っているイグアナを生物部室に持ち込み世話をしている。
 高3のくせに妙に純真なのでよく部員にいじられる。

・増田(3年女子)
 生物部副部長。
 姉御肌の合気道バカ一代。
 からりとした気風で部員の面倒をよく見るため慕われている。
 たいていのことは「ガハハ!」と笑い飛ばす恐ろしいまでのバイタリティは奇人だらけの生物部においても埋もれることはない。
 学外で合気道を習っており普通にケンカが強い。

・高橋(3年男子)
 生物部会計。
 生物部唯一ともいえる常識人。
 常にニコニコしながら部員の奇行をたしなめ、時にはコントロールすらしてしまうやり手。
 時々発せられるブラックな台詞はストレスの発露か。
 ロクな研究活動をしていないはずの生物部の部費がなぜか過剰なまでに多いのは彼の政治能力の高さ故と囁かれている。

・木村(3年男子)
 小太り眼鏡。
 受験クラスのためもうほとんど部活に出てこない、限りなく透明に近い半幽霊部員。
 本人に悪気はないのだが基本的に嫌みな男で、言動の一つ一つがナチュラルに人をイラッとさせる。
 いてもいなくてもどちらでもいいが、極力いない方がいい。でもいてほしくない時にはいる。そんな男。

・久保(生物教師)
 生物部顧問。
 小柄だが体を鍛えるのが趣味で、100キロマラソンやトライアスロン、富士登山マラソンなどによく出場しているタフガイ。かつては肥満体質だったが、関西の学校に赴任していた時に大震災に遭遇、瓦礫の街を走り回った経験から体を鍛え始める。既に四十路を迎えてなお鋼のような肉体を誇る。
 生物教官室の裏の多目的倉庫を改装し自分のロードバイクを入れていつでもトレーニング出来るようにした。
 自律神経失調症になったおり医者に勧められ、アクションゲームも嗜む。
 妻一人子一人。自宅からは一時間の道のりを走って通勤する。

〇生物たち

・ザリガニ
 近所の川で部員が釣ってくる。餌を調整して体色を青や白にしたり、歩行時の足の使い方を観察したり、実験にも使う。
・イグアナ
 もとは青山の飼いイグアナだが、青山宅で持て余し始めたので生物部室へ。長期休暇の際は青山宅に戻る。
・陸ガメ
 特になにもしない。わりとでかい。
・カクレクマノミ
 海水水槽を導入した際にイソギンチャクと共に購入。可愛い。
・アロワナ
 淡水水槽の主。でかい。とにかくでかい。餌は主に金魚。捕食の瞬間が妙に楽しい。
・カワニナ
 淡水に住む貝で蛍(幼生時)の餌。「学校の敷地内に蛍を」という壮大なプロジェクトの為飼育されているが、なぜか発生するタニシに押されがち。

〇書き手
 募集中。可愛い女の子の描ける人。


 というわけで企画案でした。
 この企画に魅かれた、是非描いてみたい、という方はご一報ください。一緒に一儲けしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。