スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙について、少し

 ご無沙汰してます、善浪です。

 ニュースで知ったのですが、アメリカは月に行く計画を白紙にして、かわりに火星への有人飛行計画を打ち出したそうです。
 『プラネテス』とか『宇宙兄弟』とかの世界観が好きなんで、ちょっと寂しくもあるんですが、まあ火星に行けるくらいの技術力があれば月に行くくらいは余裕ってことなんでしょうかね。

 別の星に人類を送り込んでどうするって意見もあるとは思うんですが、それは結局、その計画に対して「あがり」が推計できないって不合理に対する批判だろうと思います。
 けど、曲がりなりにも宇宙を舞台にしたSFめいた小説を書いていると、地球というもの、また地球で生まれ育った人類のことをこれから改めて考えていくには、地球の外のこと、人類が生きていくのはまったく不都合な場所に対してもきちんと向き合っていくべきなのではないかなぁ、とも思うのです。
 たとえば、ボールペンが何であるかを知っている人は、同時にボールペンでないものが何かを知っている人でもありますし、同様に、自分が何者か知っているということは、自分以外のものが何かを知っているということと同義であります。

 そんなことを考えていると、資本主義の総本山であるアメリカが、非経済的で不合理な宇宙計画をリードする存在だという不思議なパラドックスにも、結構な意義があるように感じますね。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。