スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奴隷貿易と成田空港問題

こんにちは、小竹です。

毎日政治と金の話ばかりで、全く議会が意味をなしてませんね。野党はどうしてあんなに噛みつくのでしょうか?意味解りませんね?

小沢氏の人格がどうこうは別として、検察のヤッチマッて捕まった奴らが作った、一般人に見せれば絶対小澤悪い奴だなぁーと思わせるような文書を検察審査会の一般の方々詠まれた訳ですから、どう頑張っても起訴されるのは当然ですね。

犯罪者が作った偏った文書を読まされて、一般の方々が選んだ強制起訴なんて、理論的には何の意味もなさないのに、それについて国会で話すなんて事は、日本の国会は犯罪者の言う事で右往左往するレベルってことです。良かったですね♥

さて、愚痴はこの辺にして、今日の議題は奴隷貿易からみる成田空港問題です。

私個人としては、田舎に住んだり都会に住んだりを繰り返して色々思うところがあり、今は千葉に住んでる訳で。

で、千葉と言うと成田空港ですね。はい、小さい子は知らないかもしれませんが、日本の国際空港と言えば少し前は関東では成田空港で、名前も「新東京国際空港」だったのですが、羽田が元気になって「成田国際空港」というローカルな名前に格下げされたあの成田空港ですね。最近は羽田に押されまくって、地味な感じに成ってしまいました。

今、成田は超厳しいいです。人気の格安航空会社は羽田に取られまくって、東京からの距離が違いすぎる。羽田は品川から十数分なのに、成田は日暮里から新線を使って40分切るくらい。都心からの便利なアクセスと宣伝で行ってますが、そもそも日暮里自体、都心では無いような・・・

まあ、その辺の劣勢はここで説明しなくても色々ありずぎるくらいで、様々な所で語られています。

で、その成田と奴隷貿易にどんな関係があるのか?というのが今回のテーマ。

奴隷貿易といえば、大航海時代以降、列強諸国がアフリカの人々を捕まえて奴隷として働かせました。奴隷を捕まえる際に、自分で捕まえる事もありましたが、現地の黒人を金で買収して、他の黒人の部族を襲わせて奴隷狩りをさせていたという歴史もあります。

これは酷い話ですが、今日の東京と地方の関係性の縮図でもあるのかと・・・地方の代表として有名なのが沖縄県です。やはり本土に対してのコンプレックスがあり、俺達を盾にしている本土の連中からどれだけ美味い汁を吸えるか!というのが行動の要因になったりします。リゾート開発や街の再開発。本土から金が出るなら進んで受け入れます。少しでも地理的、歴史的な不便さを本土の金でなんとかしようと努力します。それが彼等成りの本土への復讐なのです。

これによって、沖縄の個性的な自然や景色がどんどん殺がれてゆき、今も進んでいますが、都会の人が沖縄に行って「こんなに開発して自然が台無しじゃないか!」と言っても何の説得力も無いでしょう。

沖縄は特に深刻なまでに本土や都会の為に不利益を受けているわけですから、都会から物質的な援助を受けられるとなれば、自分達の土地があれようが、その支援や援助を取りつくさないと気が済まないのです。

沖縄は歴史的、地理的要因から特にそれが強いと思われます。しかし、それは沖縄に限ったことでなない。地方の人間なら誰だってそういう気持ちを持っている。

成田空港の建設の際に三里塚抗争がありましたがそれがこういった都会へのコンプレックスによるものだと私は考えています。まあ、その頃私は生まれていないのでホントのところは解りませんが・・・

まず、話を一度沖縄に戻すと、沖縄の多くの人々、特に地主や建設業関係者は先に話した理由から本土から搾れるものは何でも貰いたいし、そういった人の中には沖縄戦で被害をこうむった人々が大勢いるはずで、彼らとしてはどうしても国からそのツケを払ってもらいたいと考えるのが人情です。憎き米軍の基地建設だろうが、環境を荒らすリゾート建設だろうが、本土や都会から金を搾れるのなら何でもやりたいと思うはずです。

しかし、中には郷土の自然を守りたい、サンゴや珍しい生きものたちを守りたいという人、基地の無い安全な街が欲しいと言う人も多く居ます。そういう人たちの対立が沖縄県の基地問題で沖縄県側の意見を一致させられない要因に成っていると思います。環境でも、綺麗な海や珊瑚を守りたい人々と、リゾート開発や養殖漁業で稼いで沖縄を物質的に豊かにしたいと考える人、どちらの意見にも同情してしまう部分があります。

どうしても離島や田舎は、本土や都会からの金銭的補助を受けなければうまくいかない部分が多い。

これは奴隷貿易にも通じます。同じ黒人同士を金の力で争わせて自分の手を汚さずに列強国は奴隷を得ました。黒人の王朝としては、自分達を苦しめてきた列強から金をせしめられるのは、思想的にも物質的にもかなり意味のある事です。同胞を裏切る行為だとしても、受けざるおえません、断れば自分達が奴隷にされるだけですから。

地方の開発には実はこういうジレンマがあると思います。

地方に都会の都合で空港が出来る事に成った。地方の土木業者や一部の地主にとっては、自分達を搾取してきた都会から沢山金をせしめられるチャンスなので大賛成します。しかし多くの地主(成田空港辺りの土地は戦争から引き揚げてきて農業をやっていた方が多かったので、これ以上国の都合で動きたくなかった方が多かったようです)や地元で騒音公害などがおこるのではと懸念していた地元の人々は当然大反対します。

賛成している土木業者も気持ちとしては反対したくても、自分達が空港開発を放棄したら、東京の業者達がやってきて、自分達の縄張りで勝手に公示されて、稼がれたのでは、都会から何かを得るどころか、全てを失う危険性さえあります。だから表立って一緒反対はできない。

この構図は奴隷貿易や、沖縄開発のそれとあまりにも似ている部分が多いです。ある事に対して、資本を出す強い立場の側が、地方を金の力で対立させるのです。これではどちらが勝っても地元にはわだかまりが残り、地元の人間同士でいがみ合いが続きます。

そうです。地元同士でいがみ合わせるのが、ポイントなのです。本来無理な開発を進めようとした都会がいけないのに、地元民を金の力で対立させて、自分達は批判の矢面に立たないようにする。それが強いもののやり方なのです。

なので、成田の問題は世代が変わり風化しつつありますが、千葉県はこの恨みを圏内でとどめるべきではないと思います。悪いのは勝手に決めた国であり、東京なのです。

羽田が国際化するのは、筆者的にも賛成せざるおえません、しないと日本の国際競争力がどんどん低くなります。でも、それでも千葉県の公式見解として羽田国際化を認めるべきではないと思います。千葉県内をあれだけ荒らしておいて、いまごろ不便だからポイするのはあまりにも非道です。

マスコミも、羽田の宣伝するのは良いですが、国の総意みたいにデカデカと掲げるのは正直地元の人に失礼だと思います。

まあ、筆者も今はベットタウンに居るので本当の地方の意見は良く解りません。別に東京都を正面から否定するつもりは有りませんが、東京を首都たらしめているのは、地方の犠牲の上だと言う事は忘れてほしくは無いです。
スポンサーサイト

テーマ : 思うのは私だけ?
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。