スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映像流出問題について

 どうも今晩は。善浪です。

 世間は尖閣の映像流出で盛り上がっていますね。
 今回はちょっとその件について思ったことを書きます。

 細かいいきさつや情報なんかはもうかなり出回っているのでそちらを参照されるとして、とりあえず僕の意見だけ述べますが、今回の事件は、「いかん」ことでしょ。これ、喜んでいいことじゃないでしょ。

 実のところ、あの映像が晒されること自体はそれほど問題ではない。
 あの映像から判断できることは日本側の主張が真実であるという事実を裏付けただけで、それによって中国が態度を変えることはない。間違いなく。
 問題は、この映像が「流出してしまった」ということである。

 僕は「証拠映像があるんなら最初から見せればいいのに…」と思ってたんだけど、政府は何故かそれを隠した。
 これはおそらく、どっちが正しいかを明らかにして中国を「裁く」よりも、「どちらかが勝者でどちらかが敗者になる」状況自体を回避して、中国側を不必要に追い詰めないことで今後の関係の悪化を防ごう、という政治判断だと思うんだけど、どうもこれを不服な人間がテープを管理できる立場にいたようで。

 確かに中国船の行動は悪質でしたし、それを隠す態度に義憤を覚えたとしてもわからない話ではないんですけど、国際社会は何も日・中だけで成り立っているわけではない、ということに気がつくべきです。

 というのは、まあ中国以外の国の外交を担当している人の立場になってみよう、ってことなんです。
 今回の事件は日中共に寝耳に水でした。ということは他国にとってもびっくりだったはずです。
 で、同時にこう思ったはずです。
「あ、漏らしちゃうんだ…」
 と。

 どういう経緯であれ、一度は「見せない」秘密にしようと決めた映像でした。それが政治判断だったのです。
 でもそれは一個人の義憤によって漏れてしまった。(陰謀論もありますけど今回は取り上げません。それにどっちにしろ同じことです。)
 現場の人間と政府の意志が統一されていなかったからだと思いますが、これによって他国の人はどう思うでしょう。
「日本はこんなに簡単に秘密を漏らしてしまう(漏らしてしまうような人間に秘密を握らせていることを把握していない)」
「日本とは秘密を共有できないな」
 もしそう考えたとしたら、それは日本の外交上結構な損失だと思うんですがどうでしょう。

 国家間、というより、人間関係全般に言えることですが、通常人間は他者を判断するとき、その人の言動の「正悪」よりも、その人が信用に値するか、自分を裏切らないか、つまり「信義」をより重要視します。
 「正しさ」という基準には「どちらか」が正しく、「どちらか」が間違っていることが前提としてあります。つまりどちらかは確実に傷つくのです。
 国家間の間柄というのは、戦争をするのでない限り、そういった関係を出来るだけ回避しようとするのが自然です。基本的には「自国が得をするように」動くのが国ですが、その為には「他国も得をする」選択をすることも必要になってくる。これは世界に国が幾つもある以上、自然なことなのです。
 たとえそれが正しい行為でなくとも、両者が「仲良く」なることを目指すのは、他国を悉く滅ぼすことを目指すのでなければ非常に有効です。

 まあですね、人間同士の間柄でも、過度に「正しい」奴は嫌われますよね。
 人間関係はそれを維持するだけで非常な努力を要する。妥協もしなければならない。他者と共に生きるということは、そんな選択の繰り返しです。
 そこを、「自分が正しい」という理由だけで壊してしまうことを、人間は忌避します。
 勿論そこを飲みこんで、人間関係を劇的に壊してしまうことを覚悟の上で「正しいこと」をする人はいますし、それはそれでやればいいのですが、今回の流出事件の犯人からはそういう覚悟を感じられない。
 先にも述べたとおり、この映像を公開したところであんまり効果的ではないからです。

 流出の犯人はさぞ爽快でしょう。かなり多くの国民もこの事件に喝采を送っているようです。
 しかし、それは結局「気分」だけです。日本人以外の多くの人間が不愉快になったり、傷ついたりした。
 それを無条件で喜んではならない、と僕は思います。
 
 クラスに1人はいましたよね。先生の前で言わんでもいいクラスメイトの秘密をばらして嫌われる奴。
 そういう奴は、先生には好かれましたけど、クラスメイトからは孤立しちゃいます。そういう奴と積極的に関わると、自分も痛いところを暴露されちゃうかもしれないし、何より一緒にいても全然面白くありません。
 人間ですから、失敗もあれば言われたくないこともあります。恥ずかしい過去も無かったことにしてもらいたいこともあります。無い人間などいません。そこをわかった上で、苦しみとか痛みとかを一緒に背負っていく。そういう人間の方が仲良くなれます。
 国も同じです。
 世界というクラスの中で肩肘張って、「正しい」けど一人ぼっちであるよりは、皆で過ごした方がいいような気がしますけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 尖閣諸島問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。