スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草食系男子とコミュニュケーション力不足の若者の問題の本質とは?その1

書き溜まったので、久しぶりに真面目な話でも。

いえいえ、何時でも真面目ですが……それはそれとして。

最近、草食系男子やコミュニケーション力の乏しい若者に対する批判が高まっていますが、これはどういう事を意味するのか、と言う事を、この前友人達と駄弁った事を参考に、ちょっと考えてみようと言うのが、今日の趣旨です。

ちなみに結論を先に述べてしまいますと、草食系議論も、コミュニケーション力議論もあまりにも陳腐で有害なので、そろそろ止めた方がいいよと言うのが、私の持論です。

そしてどうしてそう考えたのかを、これらの社会現象は、特に社会的弊害は言われるほどは少なく、むしろこのような議論をしようと積極的な人達が、実は問題を抱えているのではという・・・むしろこの社会現象を問題視する事で、本当に問題にしなければならない事を煙に巻こうとしているのではないか?という観点から見て行きたいと思います。

なぜ、そう思うのか?それを順序立てて説明していきますと、まずは草食系男子の問題です。まず、草食系の定義ですがWIKI先生によると……草食系男子の定義は論者によって異なる。深澤は、「草食男子」を、『恋愛に「縁がない」わけではないのに「積極的」ではない、「肉」欲に淡々とした「草食男子」』と定義した。森岡は、「草食系男子」を、「新世代の優しい男性のことで、異性をがつがつと求める肉食系ではない。異性と肩を並べて優しく草を食べることを願う草食系の男性のこと」と定義した。牛窪の定義は深澤の『平成男子図鑑』の論旨とほぼ同様。森岡は、その後、「草食系男子とは、心が優しく、男らしさに縛られておらず、恋愛にガツガツせず、傷ついたり傷つけたりすることが苦手な男子のこと」と再定義した。……と言う感じで、人によって若干ズレや、時代の流れで変ってきていますが、最近では、単に元気が無いだけで草食系と言ったりもするそうです。

さて、草食系男子が何故悪いか?まず、少子化が進むから良くないという話を良く聞きますが、この辺はあまりにも眉唾です。近代以前の避妊法が確立していなかった時期で有れば、性欲と繁殖は密接に繋がっていましたが、現代のように避妊が気をつけさえすれば、かなり高い確率で出来る以上、性欲と子作りは全く別の話です。少子化が進んでいるのは、日本の旧態依然とした労働環境(男女ともに育児休業は取りずらいし、育児の後に再就職もままならない)や育児に関する社会保障がちゃんとしていない事が原因であって、若者の性欲が足らないから、子供が少ないというのは、若者の事を野獣か、はたまた子供を作る道具ぐらいにしか考えていない、老人の見解です。彼等は、若い男子が寄ってたかって女性を襲ってどんどん子供を産ませる世の中が良い世の中だとでも思っているのでしょうか?

しかも、草食系は良く無いという世論がありますが、20代後半の私が中学や高校の頃は、家庭科の授業にジェンダーバイアスの講義が既に存在し、先生方は男だから男らしくふるまう必要は無いし、女だから女らしくする必要は無い、男だから、外で遊ばなければいけない訳では無いし、女だから家の中でおしとやかにする必要は全くない。男とか女とか関係なく、一人の人間として相手を見る事が大切である。と教わりました。其れ以前の世の中(待遇や精神的な意味で男女差別がありフェミニズム運動があった頃。)の沢山の人達の努力があり、子供達にこういった授業が出来るようになり、そして今、若者は、男とか女とか其処まで意識せずに、趣味の話をしたり、裁縫や料理や片付けが得意な男子も現れたり、一人で海外旅行までする女子も増えた訳(積極的な女子は肉食系と呼ばれて、伯父さま方のメディアには非常にウケがいいですが……)です。彼等は、異性の事を『子供を作る為の道具』とも『生活を支える為の手段』とも考えたりしません。そして、それが、みんなが望んだ世の中だったのではと思うのですが……

今まで述べた二つの議論から考えるに、草食系男子に対して警笛を鳴らしている人々の考え方は、若者を生殖(人口増加)や経済活動(税収増加)の道具としか考えていないから出来る理論です。そして彼等は、若者にも『異性は子作りと経済活動の道具として見るべきだ』理論を押し付けようとします。つまり彼等は、世の中の人も隣にいる人も全部道具や駒ぐらいにしか考えられない人としか言いようが有りません。戦前と一緒です、女を子供を産む道具、男を戦争の駒としか考えない権力者がはびこる世の中、そんな考え方を打破する為に戦後日本人は頑張って来たというのに……



さて、今度はコミュニケーション力の問題です。昨今の若者はコミュニケーション力が無いから云々という話を持ち出しては、若者いびりをする人々やマスコミが居ますがホントのところこれは何を指示しているのか?

といきたいところですが、長く成るので、また今度。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。