スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画紹介『ヴォイニッチホテル』

 今晩は、善浪です。
 今回は久しぶりに漫画のご紹介。

 
ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2010/11/19)
道満 晴明

商品詳細を見る


 「ヤングチャンピオン烈」というドマイナーな雑誌に掲載の作品にも関わらず結構売れてます。現在1巻まで。
 可愛らしい絵柄にダークな雰囲気の表紙は読者を選びそうですが、ストライクな人も多いことでしょう。
 道満清明さんは『性本能と水爆戦』(指定はありませんがエロ漫画です)の頃から知っていたのですが、この作品は彼のキャリアの集大成という感じがします。

 舞台は太平洋の南西に浮かぶ小国・ブレフスキュ島。その島の小さなホテル、ホテル・ヴォイニッチ。
 そこに滞在する旅行者やホテルの従業員、島の住人達が繰り広げるコメディです。

 登場人物は日本人旅行者・クズキを中心に、隻眼メイド、巨乳ツギハギメイド、覆面支配人、麻薬の売人グループ、ゲイ・スナイパー、ロリコン漫画家、暗殺者姉妹、両腕義手の殺人狂、メカ刑事……などなど、超個性的な面々。
 そこに、島に伝わる「3人の魔女」の伝説、連続バラバラ殺人事件、ホテル・ヴォイニッチの隠し部屋、過去の戦争の爪痕などの伏線が絡まり、登場人物たちの過去が徐々に掘り返されていく。
 一見するとカオスな作品のようですが、個々の出来事が互いにリンクし合い、それによって人物が変化していく過程が実に上手い。
 台詞回しや単語のチョイスも一々笑わせてくれます。

 さて、若き日の炎尾燃は高橋留美子を「タイミングだけで生きている」と評しましたが、実はこの漫画も、その「タイミング」が絶妙なのです。
 例えば

「今最上階のスイートに、すっごい久しぶりにお客様が泊られてるんです。
 あそこを利用される方はチャック=ノリス以来かも」
「ふーん、チャック=ノリス以来なんだ」

  (ページ跨いでスイートルーム)

「チャック=ノリス以来ですよ。お客さま方が」
「へ~ぇチャック=ノリス以来なんだ」

 というシーン。
 文章だと実に伝わりづらいことを承知で言いますが、ここはものすごく間がよい。
 場面の切り替わり方、「チャック=ノリス」という言葉でシーンを繋げ、ぶつ切れ感を感じさせないのは映画的であります。
 さらに全体を流れるゆるい雰囲気の中に突如としてドキリとする深刻な一コマが挟まれたり、かと思いきや直後に酷く下品なギャグで落とされたりもして、なかなか油断が出来ない。

 というわけで、一筋縄ではいかないヒューマン・コメディ『ヴォイニッチ・ホテル』の紹介でした。
 何となく食わず嫌いで手を出していなかった方は是非ご一読を。いい意味でか悪い意味でかはわかりませんが絶対に裏切られますから。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。