スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラモデルの明日を考えてみる。その6 専用機とプラモ仲間

今週も皆さん日曜日なので小竹のプラモよもやま話。

先日お友達がUstでプラモについて語っているので、もしよかったら・・・前半の20分くらいはプラモについて語ってまますが、殆ど私の受け売りじゃねか?その後なんてグダグダじゃん!

ここで再放送が聴けます→『萌兄&善浪の童貞ラジオ2011/3/19
一応この放送も参考にして話を進めます。

それは置いといて、そろそろ議論を纏めたいんですよね。もう六回目なので、あんまり間延びさせても・・・といいつつ何処までやれるかな?

ええと、先日話したように暴走族とプラモデルの関連性云々でしたが、若者にとってはもはや「俺だけのバイクが無いように、俺だけのロボットももう無い」のかもしれません、自分のアイデンティティを周囲や集団に解ってもらうための努力として、自己顕示欲を発散させるための『専用機』というものはもはや陳腐なのかもしれません。

例えて言うなら、暴走族を組まないなら、その族の中での位地を確保する為に、バイクを改造して『専用機』を作って、自分の位地を得る。プラモデルで有れば、みんな持ってる同じプラモデルと差をつけて、自分の技術を認めてもらうための改造したロボットの『専用機』を頑張って作る。こういう事が今の世の中では、暴走族は殆ど無くなり、プラモで遊ぶ少年達も塾とかで忙しくなるにつれ少なくなってしまった。兄弟が少ないので同世代としか繋がりが無くなり、バイクやプラモを教えてくれる悪いお兄さんやその友達と子供がつるむ事も少なくなったのも大きな原因かもしれませんね。

嘗ては、子供も若者も掃いて捨てるほどいました。団塊世代や団塊ジュニアは数が多すぎるので人とは違う趣味を持つ事が自分と他人を別ける大きな役割を果たしました。自分は他とは違うと言う誇りが人々の心をある程度支える大きなファクターだったと思います。

社会学的に言うところの所謂スーパーフラットへの嫌悪感みたいなもの、に近いニュアンスかもしれません。自分だけのバイクにまたがって……自分だけのロボットを改造して……彼等は個と言うものを頑張って何とか掴んでいたのだと思います。その副産物として暴走族やプラモ友達といった『仲間』と言うものを得られていた。でも今は違います。何でこうなったのか?

みんな貧乏に成ったから、特に子供や若い人の貧乏っぷりはより顕著だからという考え方も有るでしょう。暴少年は無個性な無改造原チャリに跨り、オタクな少年達は割と初期費用がかかるし高額化し続けるプラモデルではなく、安価に成った完成品フィギアや模型を買うように成った。実際にプラモ業界は2010年にフィギアなど完成品の業界に売上ベースで逆転されてます。

確かにこれはある程度、的を得ていると思います。特にプラモデルなんてどんどん高額化の波が止まりません。今度アニメ、ゲーム、プラモがメディアミックスで同時展開される子供向けの『段ボール戦機』も、子供をターゲットにしているにも関わらず1000円と言う高額キット。確かに殆ど塗装とか要らない仕様ですが、先行発売の三体揃えて並べようとすると3000円ですよ!子供にゃ高すぎる。しかも塗料とか工具を揃えてるとどんだけに成るか?最近人気の三国伝も昔のBB戦士より全体的に値上げしてますし、プラモの中では少し値段帯を低いままで維持していたBB戦士自体が衰退していた時期もあって子供達のプラモ離れが進んだ原因でもあると思います。

でも、問題はこんな浅い部分にあるのではないと私は思うのです。別にバイクならバイク屋で売ってる物そのまま使えばいいし、ロボットなら完成品が売ってるんだから、そんなに値段変わらなきゃそれを買えばいいと思うのは当然の様ですが、実は当然の事じゃないと思うのです。現に私の時代はそんな事無かった。完成品より完成された自分だけのロボットのプラモを作ろうと言うプラモ魂があった。でも今それが其処にあるのか?

個の根底にあるのは、世の中が没個性でも別に問題ないという風潮があるからというのが私の持論です。彼等は没個性である事への恐怖感を持っていないのではないでしょうか?
逆に、はみ出す事の恐怖が子供達に有るんじゃないかと。

その辺の事を今度話したいかなと。
スポンサーサイト

テーマ : プラモ・模型
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。