スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジ館解体とその後のアキバ・・・ドール好きの行き場・・・まとめ

嘗て、秋葉原にラジオ会館有り。アキバの様々なhobbyショップはそこに集中していたので、買い物はすこぶる楽チンだった訳ですが、そのラジオ会館が老朽化による取り壊しで中のテナントが出される形で、アキバのホビーショップ帝国だったラジオ会館時代がソビエト連邦のように解体されたのでした。

そんな訳で、色んな店の引っ越しが終わったので、行ってきました。
SANY5520.jpg
まず、ラジオ会館の御隣のビルが仮店舗としてオープンしてます。

内容はこんな感じ。
SANY5517.jpg

確か、元某電気屋のビルだったはずですが、今までのラジオ会館に比べると床面積が少ないのですが、基本的にホビーショップだらけという構成で、いままでのラジオ会館にあったような、電気部品のショップはかなり少なめ、宇宙船に関しては、殆ど売り場面積は変わらない位で、いままで狭かったアゾンや海洋堂は逆に広がった感じです。この後は、主にドールを扱っていた店のその後を追っていきます。


イエローサブマリン・・・イエサブは今までかなり広買ったのでちょっと狭い感じが・・・ゲーム関係の一部は他のビルに移った模様。しかし、いままでイエサブのドールを扱っていたコーナーは実質廃止され、変わりにイエサブのドール系専門のネットショップ、イエサブのドール専門店ルージュがオープンしています。ただ、地べたに段ボールで大胆に置かれたお買い得ウイッグや、割と珍しい素体を並べていたショーウィンドーなどが無くなってしまったのがさびしいです。

アゾン・・・さて、肝心のアゾンはかなりの6階のフロアを独占し増床。1/6と1/3のコーナーの仕切りが無くなって見やすいです。ボークズ的な感じで少し前よりディスプレイに凝って居ます。オビツ系の補修パーツの在庫も潤沢になって良い感じです。ピュアニーモフレックスの美白色とかも並べてありますが、やはりアゾンは店作り以外にもボークス
メゾットを取り込んでいるのか、予約の用紙が前にもまして目につく感じで、購買意欲を非常に駆り立てようとしてきます。特に1/6のピュアニーモ素体系のアニメやゲームのタイアップキャラの売り出し方は結構なモノ。しかし、そういう予約戦略の裏側で、忘れ去られたキャラクターの在庫限りのアウトレット品が投げ売られているのをさりげなく買うのも賢い消費者というものですよ。と言う感じで広く成った分買い物しやすいのとアウトレットコーナーが増えて楽しい感じです。基本的にアキバでオビツ系のドールを揃えとするとここかGEEストアですが、それにしてもガシャポン会館は遠いです。

ボークス・・・ボークスはこんな感じ↓たぶん、いまのアキバで一番行きやすいhobby店。プレハブ工法3階建。階段が2つあるし、低層なので他のショップと比べると凄く中を回り易く、エレベーターも完備。
SANY5513.jpg

ラジオ会館の線路を隔てて向かい側と言う感じの位置です。前にケバブの屋台があったような所で、新築です。ボークスはそんなに儲かっているんだなぁ~とため息が出ます。ただ、建物の上に「世界のラジオ会館」という看板があるので、ラジオ会館の分館なのか、ボークスの経営者の「ラジオ会館」へのリスペクトの表れなのか、その辺が良く解らなくなりますが、三年間限定ということなので、ラジオ会館の立て直しが終われば、約束の地に帰るつもりなのでしょう。「ホビー天国」という名前は、信者の多いボークスを非常に象徴的にあらわしている店名だなと哲学的な意味で興味深いです。それは別として、一階は旧ラジオ会館の一階に有ったコトブキヤの戦略を移植して、誰でも楽しめるキャラクター商品コーナーと言う感じで、コトブキヤが辺鄙な場所に行った後のアキバのhobby店の覇権は我々が取るんだ感がビンビン感じで楽しいです。ちなみに、ボークス会員の福引は外れはポケットテッシュデした。

さて、本題は2階からです。基本的に売り場面積的にはそんなに変わらない感じがしますが、整理された分見やすいかも。スケールキットや鉄道模型に結構力が入ってる感じです。私が訪れた時も新しい鉄道模型の説明会などをやっていました。あと工具も多いです。オビツオリジナルプラモとかも飾られていてプラモ好きも楽しいです。尚ミリタリー系1/6サイズドールは3階のドールコーナーでは無く、2階のミリタリースケールモデル1/6サイズと同じ所に遭って、気が利いています。

三階がドールコーナーです。昨日のオープンです。今日はワンフェスとI・DOLLがあって、昼間は空いていました。ちなみに私もI・DOLLの後で寄ってるわけですが。中は以前にもましてオシャレなショールーム化し、過激な販促に心を奪われます。アキバの店は基本棚が高くて通路が狭いのですが、ここは全然違います。こんなに余剰スペースがあるだなんて・・・と思うくらいでゆっくり買い物が出来る感じです。ドールを連れてくれば写真の撮れるスペースも何個かあって、私が居た時にも壮年の夫婦たしき人が二人で写真を撮りまくっていたので、軽く嫉妬しました。商品がぎちぎちに並んでる感じでは無いので、広さの割に在庫が他の店に比べると少ないかもしれませんが、ボークスに通う方は予約が本流だと思われるので問題ないでしょう。ただ、飾られている娘達がほぼ「生産終了品です」という注釈が付いているのはちょっとさびしいです。依然と同じように店の一番奥にオーダーSDのコーナー天使のすみかがあります。


コトブキヤ・・・コトブキヤは旧ジーンズメイトの所にあります。外装がイカしてます。5階建。近くがメイド喫茶激戦区なのか、道路がメイドだらけで歩きづらくて困ります。
SANY5518.jpg
コトブキヤと言えば、最近のラジオ会館の顔的な位置の店でしたが「ラジオ会館」にそのまま居座るわけでも無く、場所は変わっても「ラジオ会館」の看板を付けたりするわけでも無く、我が道をいくみたいです。しかし場所がちょっと奥まっているので、アキバをあまり知らない人には見つけずらいかもです。

1、2階は前の1階のように観光客、一般客向けの商品の多いフロアーです。前よりも棚が低く成って見通しが良く、こちらもショールーム化が進んでいるみたいです。しかし、観光客相手なら、ボークスが同じ事を液の近くで始めたので、ちょっと劣勢なんじゃないのかな?と少し心配になります。そういう部分を払拭する為か5階にイベント会場を設け声優さんなどを呼んで一日店長イベントなどをやっています。

3、4階が前の2階みたいな立ち位置でドールコーナーも3階にあります。コーナーは若干縮小している気がしますが、3、4階はオリジナルプラモなども多く、今後発売予定の商品のテストショットなども飾られていて、かなり見応えがあります。

場所はアレに成りましたが、ボークスの抽選に漏れて、まんだらけでリベンジと言う人はまんだらけに行く途中に寄れるので良いと思います。

というわけで、秋葉原のドールの現状でした。結局分散してしまって見比べが大変に成った感が結構ありますね・・・
スポンサーサイト

テーマ : ドール
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。