スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンハンを空想科学的に考える。4 ボウガンの弾について後半

先週の続き。


拡散弾レベル1・・・カラの実とカクサンの実で調合。カクサンの実は「衝撃を与える事で破裂する木の実」今作は拡散弾を撃って相手に当てると何か小さい黒い玉みたいのが、パラパラ落ちて爆発する感じなので、ビジュアル的にリアルだなぁと感心しましたが、どうやってクルミからそういうものを作ってるんだ?と突っ込みどころ満載ですが・・・たぶんクルミの中に小さい爆発物が複数入っているとしか思えません。敵に弾が当たってカラが割れると中身の爆発物が出るんでしょうね・・・、

拡散弾レベル2・・・カラの骨と竜の爪から調合します。竜の爪は「ボウガンの弾丸の先端部分になる。中に火薬を詰めて、広域爆薬となる」と書かれていて中に火薬を仕込む事で拡散する爆弾になるような感じですが・・・ただ、ツメ自体が爆発するとはあまり考えずらいので、弾の先端に取り付けられたツメが着弾と同時に割れる事でカラの骨も割れて、中身の火薬が外に落ちて爆発するのでしょう・・・あんまり竜のツメを使う意味無い感じもありますが・・・

拡散弾レベル3・・・カラの骨とカクサンデメキンで調合。カクサンデメキン「絶命時に拡散する魚」とちょっと説明文がアロアナ系と同じで凄く適当な気がしますが・・・まあ、たぶん着弾すると魚が死んで爆発というのは解りますが・・・拡散弾は拡散というだけあって幾つかの爆発が起きます。たぶんこれはカクサンデメキンの皮膚は柔らかく、全身が爆発物で構成される事で、着弾時に皮膚が破れ、内臓が飛び散り、それが個々に爆発する事で拡散弾レベル3が成り立っているのでしょう。

属性弾編
属性弾は弾自体の物理ダメージは小さい代わりに、ダメージがクリティカル距離に左右されず一定のダメージを与えるので、要は中身の化学物質を相手にぶつける事が主なダメージソースに成って居ると思われます。

火炎弾・・・カラの実と火薬草で調合。たぶn着弾すると化薬草が衝撃で引火して炎を出すのでしょう。実際の武器で言うと一般的な留弾みたいなものでしょうね。解りやすいです。

水冷弾・・・カラの実とキレアジで調合。キレアジは「武器を砥ぐことができるぐらい背ビレの硬い魚」で近接攻撃の時はこれを砥石代わりに使ったりしますが、何か、水とあんまり関係ない感じさえしますね・・・たぶん、割と水分含有量の多い魚なのでしょう。着弾すると魚の皮膚が破れて水が飛び出す仕様なのでしょう。

電撃弾・・・カラの実と光蟲で調合。過去作品では雷光蟲で作って居たのに、今作は光蟲。光蟲は絶命時に光を放つ蟲みたいな事が書かれていて、光でどうやって・・・たぶんモンハンの世界じゃ「光=電気」なのでしょう。ベッコ亜種もフラッシュを焚きますが、あれも電気石で起こしている訳で。そんなこんなで光蟲をカラの実に挟んで撃ちつけると着弾時に虫が絶命して電気を放つのでしょう・・・

氷結弾・・・カラの実と霜ふり草で調合。前作では氷結晶とかも使われていました。要は冷気を漂わす材料を打ち出せばOKという事でしょう。これも特に不思議では無いですね。

滅竜弾・・・カラの骨と竜殺しの実で調合。元々竜属性自体が意味解らないのですが、竜属性については今後改めて考えるにしても、竜殺しの実自体が何なのかと調べて見ると「太古から龍が忌み嫌うと伝えられている不思議な実」とあって名前に恥じない中二設定。たぶんこれを当てられると竜はアイタタタという事でしょう。唯一属性弾でカラの骨を使うだけあって、弾が丈夫なのでしょう。相手にヒットしても貫通弾方式で複数ヒットします。今作では相対的に強化されてるし、やっと色んな意味で必殺の弾みたいな立ち位置に成りましたね。


その他弾編

斬裂弾・・・カラの実と砥石で調合。モンハンの世界では武器は鋭い物で研ぐという考え方があるらしく、研ぎ石もたぶん鋭い石なのでしょう。黒曜石みたいな感じでしょうか・・・なので着弾すると中の鋭い石が相手の体の中に食い込んで、黒曜石の様に内部で割れて、相手の肉を切り裂く感じなので、斬撃ダメージが一拍遅れて発動するのでしょう。

滅気弾レベル1,2・・・レベル1はカラの実とクタビレ茸、レベル2はシンドイワシで調合。前者はスタミナを奪う成分を含んだキノコで後者は疲労効果を持つ魚。何だか良く解りませんが、モンハン世界では敵のスタミナを奪う毒みたいなものがあるのでしょうか?ハンターの場合、水や氷やられ状態に成るとスタミナ的に不利に成るのですが、たぶんこれは体温を著しく低下させられるからだと思います。動物の体は体温が低くなると様々な酵素の働きが弱くなり、代謝が弱まり、つまり疲労しやすくなります。これを応用しているのでしょう。このクタビレ茸などはたぶん、化学反応で相手の体対して体温を下げる効果が有るのでしょう。そしてモンスターの体からスタミナを奪ってゆくのです。

状態異常弾・・・これについては解りやすいので詳細は省きますが、要は毒のある植物や動物の器官などをぶつけて、相手を毒状態や睡眠、麻痺状態などにする事が出来るように成って居ます。しかし気に成るのが、その反動。ボウガンの弾は基本的に強い部類のものほど反動がつよく発射間隔を必要としますが、どう考えてもそんな強そうでない状態異常弾がどうしてこんなに反動が大きいのか?それはたぶん危ないからです。良く考えてみてください。毒の詰まった弾がもし暴発などしたら毒がハンターの周りに充満し死に至るケースも多いと思われます。だから安全確認をちゃんとしてから撃つべき危ない弾は、何かしらの重りなどが付けられていて、高速で連射出来ないように成って居ると考えられます。都市ガスやプロパンガスも本当は無臭のガスですが、ガス漏れしている時に解りやすいように、危険を知らせる為にあえて臭いを付けているのと同じ様な安全対策という事でしょう。

回復弾・鬼人弾・硬化弾・・・これらは味方に向かって発射する。デンジャyラスな思想の弾ですが、撃たれた方には効能があります。それぞれの効能については、アイテムの事を考える時に改めて検証したいと思いますが、幾ら効能がある弾だからと言って、撃たれる方は痛くないのかな?とか思います。一応全てカラの実が使われているみたいだし・・・私が思うに。弾の広がり方からして散弾と同じような形式の弾だと思います。銃口出た瞬間、中の効能物質がはじけてその辺にバラ撒かれる感じです。これに使うカラの実は、カラの実の中でも軟そうなものを選んで使うのでしょう。なので発射された瞬間に粉々になって周りの人に当たってダメージを与えてしまうと言う事も無くしていると思われます。
スポンサーサイト

テーマ : モンハンシリーズ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。