スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒いクルマ

きのうはせっかくの公休だったので、
積んであったプラモデルを組み立てることにした。

ford1942
『1/48 アメリカ陸軍1942年型スタッフカー』(タミヤ)
定価1785円。ちっこいくせにやたらと高く感じるが
いま国内で金型を起こした新作プラモはこのくらいするのか。
(数年前にン十年ぶりの新作が出た某メーカーの城プラモは、
 定価1260円だが金型は大陸で作られたとのこと)。

やたら長ったらしい名前が付いているが、
車種はようするに1942年型フォードの4ドアセダン。
いろいろ大人の事情があるのだろう。

1/48のミリタリープラモは集めていないので、
民間仕様で組み立てることにする。
パッケージには申し訳程度に【Civillian Car 民間車】の
画像も添えられているが、なぜか黄緑色だった。

この時代の乗用車って大半が黒色ではないのか……?
と疑問に感じ、本棚から参考図書を引っ張り出す。

world car 1981
世界の自動車'81(朝日新聞社)より。
これは1946年型のクーペだが、1942年型も
グリル以外はだいたい同じボディーなので
ほぼそのまま塗る。

そもそもバリバリ大戦中の1942年型が
日本に持ち込まれたのかという疑問があるが、
使用国を特定する材料は何もないのでよしとした。

ford1942black
前部バンパーのアーチ上になった箇所を切り取っただけでほぼ素組。
シャーシがダイキャスト製なので安定感は抜群。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。