スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミが見習うべきはドジっ子だった!

突然ですが、ネットをやっている人だと、知っているのに、テレビや新聞しか見ていないと知らないニュースが最近多いですよね。

別にネットの情報の方が優れていると言いたい訳では無くて、ネットの情報はよく言われるように玉石混合で何を信じるべきか難しいメディアでもあります。

それに比べて、既存のメディアは沢山あるニュースの中から重要な物だけを抽出しているというスタンスなので、彼等曰く、自分の取り上げている物は玉石混合の玉の方だという調子で、私の発信する情報の方がネットの物より優れているという立場を取ります。

という具合に、マスコミの人は、自分の言っている事が正しいという信念みたいなものがあって仕事をしているので、「ネットで言われている事は全部陰謀論だ!」と一蹴したり、自分達の身の保身を図る保守的な意見を言いますが・・・

ただ、彼らが意固地になればなるほど、実は「陰謀論」的なものが強化されてしまっている気がします。

例えば原発問題でも、国や東電がマスコミと結託して、色々隠したり、東電を守ってるんじゃないか?みたいな陰謀論がよく出ますが、マスコミが最初から、自分の知っている事をちゃんとあらいざらい発信していれば、そもそも陰謀論なんて出無いだろうし、もし、何らかの圧力や、情報が意図的に国から送られてこなかったとか、不備が有ったのならば、それがバレた時点で普通に謝るなり、弁解すれば見ている方も「ああ、そういう事じゃ仕方ないよね・・・人間は誰しも間違う時も有るよね!」みたいな感じで、マスコミ事態のキャラクター性に対して疑いを持たずにいられるわけですが・・・

最近のマスコミは何となく、自分達に都合の悪い事や、既得権力の関係しそうな事を、お茶で濁したり、知ってか知らずか報道し無かったり、曖昧な立場を取りたがります。昔なら、別にそれが曖昧な立場でも、ネットのようにそれを指摘するメディアが無かったので、バレなかったのですが、最近はそういう監視が常に続いている訳です。

例えば、万引きにしても、昔はバレない事の方が多かったわけです。そもそも万引き自体が昔のほうが少なかったという経緯があるかもしれませんが・・・それは置いといて、今は店側の損失も多い為、私服警備員や万引きGメンなどが、大きい店の中で監視している場合が多いようです。だから、結構バレます。

バレた後、その場で「生活に困って・・・」とか、そうでなくても「遊び感覚で・・・」とか弁解してくれれば、こっちは「しょうがねえなぁ」「仕方ねえ、奴だなぁ!」と一応対応を決める事が出来ます。しかし、しらばっくれたり、黙りこくったり、質問中に急に話題を変えたりなどを繰り返していると、万引きを捕まえた側の人間にしてみれば「何かこの人、ヤバいんじゃないか?」みたいな感じになると思います。しかも、何回もGメンが居ると知っいて来るような万引き常習犯が、こんな態度をとったら、店側も困惑する事必至でしょう。

こんな万引き犯が居たとして、彼が急に正気に返って「今までの事を許して私を信じてくれ!」と言っても誰も信じないでしょう。むしろ急に態度が変わるなんて、もっとヤバい事考えてるんじゃないの?とか勘ぐってしまいます。

それが、今の日本の既存のメディアを取り巻く空気だと思うのです。ぶっちゃけ、一般の人々には、もはやテレビも新聞も、キャラクターとして「よく解んない奴」になってしまっていると思うのです。昔で有れば、イデオロギーの関係で、読売なら右系のキャラとか、朝日は左系みたいな、キャラ付けがあって、其れなりに書く事が偏っていてもそれを加味した上で、読む事が出来た訳です。

しかし、今はそういうキャラ付けも曖昧なうえ、常によく解らない行動を取っている・・・昨日叩いていた人を、今日は称賛するとか、かなり大規模な原発のデモやフジテレビのデモが有ってもスルーする。みたいに、よく解んない行動ばかり取る。人間でいうと心の病なのか、誰かに脅されているんじゃないか?みたいなチグハグな行動を取るわけです。

そんな人が、「私の言う事が正しい!私を操っている奴なんて居ないぜっ!」と必死に語っても意味が無いというか、余計怪しく見えるわけです。普段の行いが悪い人の言う事を信じる人が居ないように、普段の行いが意味不明な人の言葉を鵜呑みにする人も居ません。

そういう訳で、日本中に陰謀論が流行ってしまうのは当たり前な訳です。逆に、ネット、特にツイッターなどのSNSでもニュースが流れてきますが、その配信主が何時も私が読んでいるツイートの内容から信用出来る人物の流したモノで有れば信用出来るなぁと思う訳です。

要は発信される「情報」を信用する理由が、配信側の規模や権威や伝統では無くて、その会社や個人が信用に足るキャラクターかどうかというのが重要に成ってきている訳です。

なので、今のマスコミが生き残る手段は・・・ただ一つ。「ドジっ子」というキャラクターを手に入れば良いわけです。東電に金もらったりとか、国に口封じされたりしてもドジっ子ならドジって悪い人に騙されても別に構わないのです。時々ドジっちゃって、悪い奴から金もらっちゃうけど、ドジってその事を白日の元に出しちゃった!!みたいな感じにすれば「あいつはドジだけど、ドジ過ぎて悪だくみまでは出来ないな」みたいな感じにすれば、視聴者には信じて貰えるキャラクターに成る事が出来ます。その為にはプライドを捨てて、空気を読まなければ良いだけですから、お金もかかりません。※偉い人からは怒られるかもだけど・・・

そんな感じに、もっとマスコミは可愛くなれば良いだけだと思う今日この頃。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。