スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪質信仰宗教と、ブラック企業の楽しい共通点。

例えば、こんな新興宗教を考えてみた。

不安の時代であるバブル崩壊後はすこぶる宗教は儲かる様になったが、僕自身は儲からない。それはどうしてかと考えてみると、僕は教祖でも無いし、教団も持っていないからだ。

いや、例えば突然教祖を名乗ったとしても、信徒が居ないと「教団」に成らないし、お金も稼げない。要は「信徒」を多く稼ぐ事イコール、お金を沢山稼ぐ事なのだ。

しかし、オウム事件などもあったが、元々この国で宗教というものはあまり評判がよく無い。評判というものが、この国ではかなり重要で、評判の悪い組織には中々、世間体とかがあって入りづらい物だし、宗教は「金がかかる」みたいな先入観もあって、そう簡単に入信してくれない。

ただ、逆に、この国の場合、上記の「世間体」と「金」の問題さえどうにかしてしまえば何とかなる感じが有る。特に海外では重要視される「教義」的な物の内容にこの国の人達はあまり興味が無いのだ。元々宗教教育が施されていないから、宗教学に関しては皆、小学一年生以下のレベルなのだ。

オウムだって、教義が凄いという訳じゃ無くて、超常現象を科学的に見せたり、システマテックにマインドコントロールして人を信じさせたわけだし、そもそも其処まで理屈っぽく無い国民性だから「愛は世界を救う」みたいな抽象的な事を言っていれば信じてくれるだろう。

だからやっぱり問題は世間体と金なのだ。

まず、金の問題の方が単純に解決できるだろう。だいたいの新興宗教は、信徒に教団の維持のために大金を払わせるから怪しまれる。だからその逆、つまり信者にお金をあげるようにすればいい。ただお金をあげるだけだと、教団は成り立たないので、教団の仕事や、教団を維持する為の副業を手伝ってもらう事にする。そうすれば、そこで得られた「利益」から「教団の運営費」を引いた金額を信者に渡せる事に成る。

当然ある程度規模が大きく成れば教団の運営費部分を嵩増しして、自分の懐に入れる事も出来し、信者から見ても、普通金を払わないと入る事すら難しい教団に、タダ同然で入信できる・・・いや、あまつさえ小遣い程度には貰えると成れば、待遇がどうであれ、大喜びに違いない。

さて、世間体の問題は世の中でも、色々努力している。「○○教」と名乗ると怪しまれるので、○○スピリチャルとか○○スクールとか、色々その辺を工夫している。

では僕はどうすればよいかと考えてみると、割と簡単な話だ。副業をやっているのだから、普通に「会社」を名乗ってしまえばいいのだ。名前が「会社」なら一々入ったからと言って、世間体的に問題ないし、この不景気のご時世だ、職に就けない事が珍しく無い昨今では「入社」できただけで、むしろ結構、周りの者にも喜んでもらえるんじゃないかな?

要は、素敵な教義を考えなくても今のこの国では「○○会社」という看板を掲げ、信者(名目上は社員)に、小遣い程度にお金を与え、馬車馬のように働かせ続ければ、新興宗教として、沢山の信者を得られるだろうし、経営は成り立つって事だ。

おお、僕もこれを思いついた時は、自分は天才じゃないか!と思ったけれど、良く考えると、一応「会社」を名乗って、社員を集め、ギリギリの労働条件で働かせ、賃金を出来る限り減らし、ろくな教義も用意しないで、教祖・・・いや、社長だけ金持ちに成ってる組織は、この国に五万と有るじゃないか!

どうやら先を越されてしまったようだ。この二つの相違点は、騙そうと最初から考えているか、結果的に騙しているかの違いだけで、悪質新興宗教もブラック企業どちらも、構成員が「騙された!」と気付いた時には、なかなか辞めさせては貰えないって所もそっくりだ。

そう、一度、入ってしまったら、世の中のルールじゃなくて、その集団のルールが押しつけられる。業績の悪化は構成員の心持や、精神性、モチベーションの問題だと、勝手に思い込む所も似ているし、最近では般若心経なんかを社員教育にカッコつけて読ませる所も有るらしいから、もう、本当にどっちがどっちだか見分けがつかないね。

どっちにしろ、ここまでライバルが多いんじゃ、商売が特に上手じゃない僕がこれから参入しても期待が薄そうだ。本当に残念な話だよ。
スポンサーサイト

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。