スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖地巡礼!南房総遠征日記その1

御無沙汰してましたが、ちょっと取材に行ってたり、というか只の旅行ですが。

最近流行りの聖地巡礼。

聖地巡礼と言っても別にメッカやエルサレムやバチカンに行く宗教行事の聖地巡礼ではなく、

アニメや特撮の背景の元に成った場所やロケ地などを巡る事を聖地巡礼と最近では言う訳で。

で、聖地巡礼する人が増えるにつれ、これは観光の資源に成るんじゃないの?と思う人々もあらわれて、最近では聖地巡礼の観光企画にあてこんだ「ご当地アニメ」みたいなものも増えて、NHKの報道番組「クローズアップ現代」に取りあげられるぐらいなのですが。

今期のアニメで、ご当地アニメと言えばそうです!我らが千葉県を舞台にした「輪廻のラグランジェ」ですよね!

千葉といっても、鴨川しか出てませんが・・・やっぱり千葉県民なら千葉県の聖地くらいは巡礼しないとアニメ殉教者として面目が立たないよね!という事で、我々も聖地巡礼にいざ出陣と成った訳です。

さて、一応鴨川市も観光ページで輪廻のラグランジェの紹介とかしてます→http://lag-rin.kamonavi.jp/seichi.html

なので、よほど現地に行けば、ラグランジェ押しは凄いだろうなと、内心街中がアニメキャラの看板ばかりだったらイタイなぁヤバいなぁどうしようとかちょっとドキドキしていたり。

なんせ、輪廻のラグランジェは数あるご当地アニメの中でも相当、鴨川の景勝地や名産品をさりげなくでは無くて、かなりあざとく、むしろしつこいくらいに宣伝するアニメなので、アニメがここまであからさまな鴨川マーケティングに勤しんでいるのだから、鴨川市自体もかなり強烈なラグランジェ押しをしてくるに違いない!と確信していた訳であります。

しかし、その想像は鴨川市に突入するとすぐに打ち破られます。鴨川市に入っても特に隣の勝浦とテンションの変わらない海産物販売所の看板や道路標識ばかりで「今おらが街でアニメをやってるんじゃい!」という覇気が感じられない。市街地に入っても普通の外房の街という感じで、確かに観光の要である「鴨川シーワールド」の付近は遊歩道や街路樹、商業施設、宿泊施設が立ち並び開けた印象が有りますが、それ以外は別に特に何の変哲もない街です。

※鴨川シーワールドは日本でも1.2を争うほど満足度の高い水族館として知られていますので、一度や二度は行ってみるべきです。


あんなサイトまで作っておいて、特に景勝地までの道案内も無く、我々は昔買った房総のガイドブックを観ながら市内をドライブ。市販の観光マップの縮尺がそんなに大きく無いので、景勝地の場所も何と無くにしか解らないし、結構道が曲がりくねった上に坂道なので、良く解らなくなってきます。迷わないで行くには住宅地図が必要なんじゃないかと思うレベルです。

小が無いので、本能に任せて、山の上へ上へと進んで街道から脇道にそれた所に「魚見崎展望台」のすごく目立たない小さめの看板が現れます。道は細く、さらに急な坂道が連続します。小型車で行ったのでちょっと馬力的にも上り坂は怖いくらい。山登りもちょいちょい出来る馬力のある車で行きたい所ですが、道がすれ違い出来るかどうかみたいな狭さなので、小回りが利かない大型車で行くのも怖そうなので、たぶんターボエンジンを積んだ軽トラかなにかで行くのがオススメ!ちなみに、帰りは別ルートで街道に戻りましたが、こちらは脇道を経由しなくても直接街道に出る事が出来ます(無論、こちらも坂は急で狭い道ですが・・・)。しかしこちらには案内の看板さえ無いと言う残念な仕様。鴨川市は観光させる気が有るのか無いのか不明ですね。

さて、山の上まで来ると駐車場が有ります。駐車場の入口の坂が凄く急で怖いですが、駐車場自体は無料です。ただ10台くらいしか停められません、けれどもここは隣接する一戦場公園の駐車場で、展望台までは徒歩六分の看板が有ります。ただこれは住宅広告などにある距離的に徒歩六分という事で有り、実際はアップダウンが非常に激しい道を有るかされるので10分くらいかかる勢いです。

余談ですが、この自称6分かかる道は舗装してあり、車で入る事も出来るらしく、ご丁寧に昨年整備された駐車場が展望台の麓に有ります。ただ、この道は徒歩でも割と怖いくらいの急坂で、道幅も今までの道より狭く軽自動車一台分くらいの幅しか有りません。確かに道沿いに住人が居るらしく軽自動車が止まっている民家も見かけましたが、ちょっと怖すぎるので車で突入はやめといたほうが賢明だと思います。

ただ、展望台の麓にピックアップトラックが停まっていたので、勇気のある人、車が多少傷ついても気に成らない人は突入すれば歩かないで済みますよ。

SNC00199.jpg

さて、麓の駐車場から更に急な階段を上らされると・・・一応「誓いの丘」と書かれた展望台が出現。この周辺は昨年改修工事したらしくかなり綺麗です。

そして、何を誓うかと言えば、愛を誓うらしいですよ。ここにアベックで乗り付けて、南京錠を各所に設置されている金網につけて変えると別れないという言い伝えがあるらしく、各所にさびついた南京錠があり、割と気持ち悪いです。

SNC00201.jpg
展望台を上ると、アニメでも出た風景が広がります。景色はかなり良いです。外房屈指の街である鴨川市を一望できます。

SNC00202.jpg
反対側には鴨川松島という、こちらもアニメに出てきた風景が!しかし本家の松島と違い、あんまり沢山島は有りません。でも割と綺麗ですよ。

SNC00206.jpg
こちらは女神像。結構大きいので劇中の様に上に登ったりしたらたぶん死にます。

ただ、平日と言っても、飛び石連休中に訪れた割に、お客さんは少なめ・・・聖地巡礼目的で来てたのは我々と、あと1組くらいで、普通の観光客を合わせてても午後二時くらいだったのに5人くらいしか居ませんでした。というより、来たくてもここまでたどり着けない人もたぶん居るのが原因なのでは?とか思います。

さて、鴨川にも道の駅が有って、割と行楽シーズンや週末にはイベントをやっているのですが、我々が訪れた際には、裏庭で地元のイカ焼きと名産の菜の花汁の屋台が出ていました。

イカ焼きはゲソ焼きが100円と安く、普通の姿焼きも200円くらいとリーズナブル。菜の花汁も100円でした。
SNC00208.jpg
菜の花汁はベースが赤だし、豚の三枚肉とニンジンが具で、最後に下ゆでした菜の花が投入されます。菜の花は正直好きで無かったのですが、流石本場で新鮮と言う事もあり、苦味や青臭さも抑えられ、非常にさっぱりしていて美味しかったです。

てな具合で、鴨川観光でしたが、鴨川市自体はあんまりラグランジェの事を応援しようと言う気は無いんだなぁ。と思いました。2期がはじまるころにはもっと盛り上がってほしい所ですが、どうなる?!

ちなみに、一応みあげコーナーでラグランジェクッキー見たいのが売っていましたが、別に鴨川に限らず、南房総のおみあげ屋にはだいたい有ったと言う・・・
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。