スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『久留里忍法帳外伝 ~わくらばっ!~』 第二話 其の十一

『久留里忍法帳外伝 ~わくらばっ!~』 第二話其の十一


「潮目が変わったな」
 後半開始から五分ほどが経過するまで、黙ってベンチからピッチを眺めていた駒子が突然呟いた。
「潮目が?」
「そう。このまま行くとちょっとヤバいかも」
 横から尋ねた部員をよそに少し考え込むような仕草をした駒子は、ややあって決然と言った。
「秋谷を下げる。上原、用意しといて」
「もう交代ですか? まだ後半始まったばかりですけど」
「あの41番」
 駒子は後半から投入された市天のミッドフィールダーを指差す。部員達も釣られてその優男を注視する。
「やつが入って流れが変わり始めている」
「そうですか? 見た感じなんか……ふらふらしてるっていうか」
 一年の宮前が見たままを口にした。41番はボールを追うでもなくパスを要求するでもなく中途半端なポジショニングに終始している。他の部員達もおおむねそう思っているようだった。
「だがやつが土屋をチェックしているせいで、パスが遅れている。だから向こうの守備ブロックを整える時間を作られる。前半とは攻撃の潰されかたが違うんだ」
 うちは土屋のパスが起点になってるから、そこを遅らされると攻撃陣の無駄走りも多くなる。
「よって中盤の起点をもう一つ増やして対応する」
 秋谷もバテてきてるしね。駒子はそう言って三年の上原を見る。既にアップを終えている背番号10の部長は肩のストレッチをしながら試合を眺めていた。
「秋谷の課題は、やっぱりスタミナですね」
「だな。まあしかしあのスピードとドリブルのセンスは悪くない。物怖じしない性格もいい。今回はここまでだが、いいところは見せてもらった」
「問題はやはり、あの41番」
「私の見立てが正しければ、やつは土屋と同じタイプの選手……」
「確かにあれは視野が広くないと出来ない守備です」
「うん。しかもあのパス」
 駒子がそう言って指差した先、丁度ボールを貰った41番が前線へロングパスを送るところだった。右サイドに飛んで行ったその軌道は、赤川の少し前を通り過ぎてタッチラインを割る。
「……パスミスですな」
 長過ぎたんだ。後半開始から何本か、41番はああいう長いパスを出しているが、いずれも同じような形で失敗している。
「あれはレシーバーが悪いよ。もし通っていたら、一点ものだ」
「……なるほど、では俺の仕事は、中盤で起点になりつつ守備ではあの41番を抑えることですか」
「いや、41番は篠原に何とかさせよう。お前は攻撃を活性化させてくれ。ゴールを奪えなくてもいい。向こうの守備の目を引きつけろ」
「了解! それもこの後の布石、ね」
「わかってるじゃない。ソウビ!」
「は!」
 駒子は齋藤宗美の方は見ずにその名を呼ぶ。捜しても見付かるまいと思ったからだったが、その声はすぐ隣に聞こえた。
「この後の局面で、必ずお前が必要になる。しっかり準備しておけよ!」
「は! 必ずやご期待に応えて見せます故!」
 硬いなぁ。駒子は難儀な性格に育った従弟に微笑を誘われたが、同時に一つの懸念も抱えていた。
(仮にソウビを投入したとして、ソウビにパスを送れるのは今のところ土屋だけ。その土屋が封じられるとすれば……)
 駒子が考えているうちにプレーが中断され、秋谷に代わって上原がピッチに入る。上原にはいくつか伝言を頼んだ。それが上手く働けば……。
 プレーが再開されたピッチ上では、41番が再度葉倉人知を襲っていた。これもすんでのところでレシーバーには届かなかったが、まるで後ろからにじり寄ってくるような不気味さを感じた。市天の攻撃がじわじわと形になり始めている。そう、駒子には思えた。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【『久留里忍法帳外伝 ~わくらばっ!~』 第二話 其の十一】

『久留里忍法帳外伝~わくらばっ!~』第二話其の十一「潮目が変わったな」後半開始から五分ほどが経過するまで、黙ってベンチからピッチを眺めていた駒子が突然呟いた。尋ねた部員をよそに少し考え込むような仕草をした駒子は、ややあって決然と言った。「秋谷を下げる。...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。