スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代恋愛事情

オ○メス○レンのようなタイトルを付けてしまったものの、
内容はいつもどおりです。

鈴木雅之と菊池桃子がデュエットした『渋谷で5時』という曲がある。
「今日も渋谷で、5時」のリフレインが印象的だが、
17時の待ち合わせがデフォルトというのは
社会人にしてはいくらなんでも早すぎやしないかと思ったら
プロモーションビデオでは、ふたりが自由業?であることが示されていた。
CDは94年1月発売。

ほぼ同時期の93年12月、ピチカート・ファイヴは
『東京は夜の7時』というシングルをリリースしている。
当時はオリコン最高位50位とさほどヒットはしなかったが、
シュールな子供番組『ウゴウゴルーガ』のテーマ曲として使われ
先年アイドルマスターのCDでカバーされるなど知名度は高い。
やはり19時に待ち合わせを……という内容。

しかし、『ポケベルが鳴らなくて』(93年7月発売)もそうだが、
いまの目でみると、19時に(おそらく職場の違う)カップルが
待ち合わせするというシチュエーションはあまりリアルに映らない。

私がやってきた仕事がブラックなだけなのかもしれないが。

比較的私にとって心理的な距離感が近い恋愛ソング、
ということで最初に思いついたのは、
『レモネード』(詩月カオリ)。

03年に発売されたI'veのアルバム『Short Circuit』に収録。
分類上はエロゲーソングだが、このアルバムオリジナル曲。

深夜にレモネードを手元に置き、パソコンを起動して
「あなた」からのメールが来るのを楽しみに待つ……という内容で、
コミュニケーションの主な手段はメールという形でありながら
「あなた」のこまやかな心遣いが随所で語られる。

…………深読みという名の邪推を巡らせてしまうと、
相手がバーチャル世界の住人であるという考え方もできるのだが。
上記のとおりオリジナル曲なので、シチュエーションは
歌詞の中から推測するしかないのだった。



さて、ここからは恋愛とはマッタケ関係ない話。

金曜日の仔猫
画像は『Short Circuit』収録曲では
唯一I'veスタッフが作詞していない、
『消えない想い』がOPテーマに使われたエロゲー
【金曜日の仔猫】(emu)のディスク。

個人的には大好きなゲームなのだが、
9年前に発売された時点でもあまり話題にならなかったうえ
メーカーが活動停止してから5年以上経ってしまったので
今となっては知っている奴がほとんどいない。

「遊んでみたい」という奇特な知人がいたので喜んで貸したところ
「Windows7では動かなかった」と即返却されてきた。
ギギギ……。

この曲が好きな方は、ぜひ本編をプレイしていただきたい。
1番はみぃゆ、2番で姫について歌っていることが分かる。

久々にブランド公式サイトを検索したところ、
メイン原画・シナリオライターをはじめとする
主要スタッフが全員入れ替わって復活するという。

それを復活というのかどうかはなんとも微妙なところだが、
ともかく6月発売予定の復帰第一弾タイトルは【パジャマさんこんにちは】

kontitiwa.jpg
ロゴだと「こんにち」なのだが。
いきなり奥歯の隙間に物が挟まったような再出帆である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。