スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二次元美少女東風

私が中学生のころ、『美女東風』という深夜番組がありました。

アジア各国の街角で、エキゾチックな美女を捉まえ(という演出)、
インタビューをして私生活をちょっぴり紹介するだけという
実にエエかげんな番組でしたが、この番組のおかげで
私に「民族衣装」という属性が付いてしまったことは紛れも無い事実です。

冒頭のナレーションは今でも覚えています。
「熱き風猛るアジア、その行くところに美しき姑娘(クーニャン)あり……」


それとはあまり関係があったりなかったりする
今回のネタは、萌え系雑誌【Capu!~かぷ~】(笠倉出版社)
雑誌といっても分類上はムック本なので
さぞ本屋さんは置き場所に困ったことでしょう。

capu.jpg

Vol.1は01年5月15日に発行されました。
『僕らが世界を変えていく!ついに発進、新世代型同人情報誌!!』
を売り文句に、主にアジア方面のまんが事情を主に紹介。
巻頭では当時日本国内で人気絶頂だったイラストレーター、
CARNELIANのインタビュー記事と、描き下ろしイラストテレカの通販応募券
ouboken.jpg
(↑私は古本で買ったので前の持ち主によって切り取られていました)。
以降は韓国のまんが雑誌『ジュニアチャンプ』の内容紹介、
台湾の少女まんが家、高永氏へインタビュー、
韓国・台湾の同人誌即売会の様子、そしてコスプレイヤーたち、
アチラの大手サークルはどのようなまんがを描いているか
セリフを和訳して紹介するなど、
いま見てもそれなりに興味深いものです。

夜猫舘珈琲屋
画像は、台湾の同人誌を紹介するページより。
当時は、萌えキャラといったら猫も杓子もネズミもマルチ(To Heart)でした。
博士?「こ……これは?」
マルチ「はじめまして!わたし……」
    「『HMX-12』マルチ♥ 」

と言っている……とこの画像の下にキャプションが付いています。
日本国内の同人と比べても全く遜色ありませんが、
マルチ充電中
原作のマルチと充電方法がちょっと違っています。


さて、海外ネタはイマイチ読者に受けなかったのか、
それとも一発ネタのようなもので2号以降はもたないと判断されたのか、
Vol.2(01年7月5日発行)以降は国産のエロゲーネタメインに転換。
キャッチコピーも
bokuraga.jpg
『僕らが世界を変えていく!デジタル美少女独り占めマガジン』へ。

巻頭はエロゲーメーカー代表者や同人誌即売会代表者へのインタビュー、
続いて海外・国内の同人サークル新刊紹介、
センターカラーでは近日発売予定のエロゲー・エロアニメを主に採り上げ、
巫女やメイドなどオタク的なキャラクターの起源について考察したり、
主に韓国発の日本人視点で見ればバカゲーや同人ゲーム、
当時流行っていた著作権的にギリギリなニュースサイト紹介にページを割いたりと、
エロゲー雑誌にしては情報が薄く、
萌えの総合誌にしては表面をなぞっただけの中途半端な紙面構成に。

雑誌としては体裁が整ったものの、
コンセプトはわかりづらくなってしまいました。

ウリのひとつであった付録のCD-ROMの内容も、
第一号は韓国の同人誌即売会の参加申込書が
収録されるというきわめて個性的な代物でしたが、
新作エロゲーの体験版やデモムービー、
修正パッチなどといった他誌でも見かけるものにシフト。

それでも毎号、海外の同人誌が一部ページを和訳したうえで収録され、
韓国のコスプレイヤーの間では超有名人だという
イ・ボムソン氏が連載コラムを持っていたり、
国内外のイラストレーターが描いたCGをドーンと載せたりと
独自性を出そうとしていた様がうかがえます。

なお、この自称雑誌は隔月刊ペースで発行されたようですが、
私の手元にあるのはVol.4まで。
検索してみると、01年12月に発売されたVol.5が
結果的には最終号となってしまったようです。


海外のクリエイターに焦点を当てるという
発刊時のコンセプトは先見の明があったと思います。

しかし、発刊から11年を経た現在においても
アジア各国は日本より性的なアレコレの規制が厳しく、
高校生活を叩き台にした学園ものが定番といわれる
日本人オタクにウケる描写のできる人材が少ない(当たり前ですが)こともあって
外国人作家は現在でも少数派に留まっています。

もともと商業誌、さらに定期刊行の雑誌という形式では
無理のある題材であったということでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。