スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南房総遠征日記その4

だらだらと書き続けている房総一周の旅もそろそろ終盤。

今回は野島崎~木更津の面白スポットを紹介します。

房総半島の南端から館山を通り更に北上し続けると、超有名道の駅の「枇杷倶楽部とみうら」が有ります。

過去一度だけ開催された道の駅選手権で優勝を収めたというクオリティーの高さを誇ります。

あと地味に道の駅№も「千01」で千葉県内の道の駅で一番お兄さん?な印象を受けますが建物もそんな古く無いし、申請が一番早かっただけかもしれません。

ここは名物の枇杷を使った枇杷ソフトクリームや枇杷カレー、カレーパンなどがあり非常に人気の様で、枇杷ソフトは夕方くらいに成ると売り切れてしまいます。

他にも大きめの売店スペースでは民芸品なども扱っていて、オシャレなカフェなども有ります。

SNC00219.jpg
SNC00220.jpg
道の駅の裏には花畑が広がっており春先には一面の菜の花を観る事が出来ます。ただ、この辺の菜の花は、世間一般的に言われる茎が細くスマートな菜の花では無くて、茎や葉が立派な野菜として使われる品種なので、ちょっともっさり気味です。

又、道の駅周辺には脚湯が併設された文化センターや、房総のおみあげや農産物、海産物を並べる店が多く点在しているので、半日ぐらいは楽しめる勢いです。


道の駅を出て、少し海沿いに北上すると、また道の駅が現れます。この「富楽里とみやま」は館山道のパーキングエリアも兼ねていて何時もにぎわっている印象が有ります。

「とみうら」はオシャレな感じでカフェや雑貨がメインな道の駅ですが、「とみやま」は農産物や海産物中心です。たぶん太平洋側の道の駅最大の魚売り場を誇り、生簀などもあり新鮮な食材が手に入りますし、農産物や地元の加工品も多く販売しています。館山道でそのまま高速道路で都心に変える場合は、ここでおみあげを買うと便利だと思いますし、そうでなくても、ここより北上してしまうと、漁協直営の海産物直売所も減ってくる(もう少し北上した所にある道の駅きょなんの近くに観光漁協があるのでそっちに寄ってもいいですが)ので、この辺で買った方がいいと思います。

他にもこの道の駅は食事に力を入れていて、定番のレストランも有りますが、屋内に屋台のような雰囲気の売店が数件あり、フードコートの様な感じで地元の海産物や農産物を使った郷土料理をリーズナブルな値段で食べる事が出来ます。ここは本当にオススメ。


更に北上すると鋸山という有名な観光地がありますが今回はそれをスル―して東京湾観音に行ってみました。

SNC00226.jpg
山の頂上付近に立地し、身長も56メートルあるので凄く高く感じます。
SNC00225.jpg
地元の実力者たちが昔、世界平和を祈って作ったらしく、観音様の足元付近にその実力者達を称えた石碑とかがあってシュールで楽しいです。

この観音様は実は20階建ての建物で、各階に一体ずつ世界の観音様が居るという構造で、ハンターハンターのフロアマスターみたいな感じです。中にはマリア観音など、かなり無国籍な観音様も居たりして、宗教や地域の軋轢関係なく、世界中の観音様が世界平和を祈っている感じです。

ただ、観音様に入るのは有料です。しかもエレベーターが無いので入る場合は覚悟が必要。

SNC00223.jpg
ただ、ここは山の頂上付近なので、近くの売店や、展望広場に行けば、東京湾や富津岬を見降ろす事は可能です。房総半島の反対側の魚見崎展望台と違って市街地を見降ろすと言う感じでは無いですが、標高自体はこっちの方が高いので遠くまで見渡せます。

売店では観音様のミニチュアも販売しているので仏像マニアは是非行くべきです。



東京湾観音のある山を下りて、国道465を少し北上すると旧小久保藩の位置した地域に成り、そこに弁天山古墳というものが有ります。
SNC00228.jpg
ガイドブックなどにもチラッと載っている場所ですが、凄く解りづらい所にあるのでカーナビなど無い方は事前に下調べした方がいいと思います。

ここの良い所は富津市役所大貫連絡所という使わなくなった小学校校舎を利用した施設の中に位置するので、元々校庭だった所が、広大な駐車場にされているので、車は停め放題です。平日なら役所もやっていて、この古墳についてのちょっとした資料も閲覧可能かもしれませんが、休日に行ってしまったので詳細は不明です。

駐車場には「内房線複線化希望!」みたいな看板があって色んな意味で面白いです。

弁天山古墳は駐車場の横にあって、小久保藩、藩邸跡でも有るみたいです。

SNC00229.jpg

古墳と言うだけあって、ちゃんと土が持ってあって、小山の様に成っています。前方後円墳風?のこの古墳には上る事も出来て、上部にある石室ものどく事が出来て、結構学術的に面白い所だと思います。

わざわざ行くほどでは無いですが、近くに寄った際には結構寄ってみると良いと思います。


古墳を出て、海側に戻りさらに北上していくと富津岬が有ります。

富津岬は県立富津公園の中に有り公園内に色々な施設があって、施設ごとに駐車場が沢山あり何処に停めればいいのか?って感じですが、構わずどんどん先端に進めばちゃんと岬付近に駐車場が有るので安心してください。

SNC00231.jpg
浜崎あゆみのPVにも出た、結構有名な展望台が有ります。麓には屋台とかも有ります。

一番上まで行くと東京湾を一望できる絶景ポイントです。

SNC00236.jpg
逆に房総半島側を眺めると富津岬がどれだけとんがっているか解ります。


さて、富津岬を抜けるともうそばに木更津が有ります。ここまで来るとあまり観光地と言う感じでは無いですが、木更津港付近にはレストランや観光ホテルが結構あって賑やかです。そしてそんな木更津港の近くにあるのが中の島公園に繋がる橋!

SNC00239.jpg
かなり特徴的な橋で、船の往来を阻害しないように、橋を高い所に通すために螺旋階段の様に成っています。鳳神ヤツルギという千葉テレビで放映された、木更津のご当地ヒーローが2週間に一回ぐらいはこの橋の公園側の麓で闘っていたので、割と千葉県内では有名だったりします。

聖地巡礼したかったのですが、この日は舗装工事で入れ無かったと言う悲しい展開・・・


という訳で、このあたりで房総半島の旅は終りです。微妙なラストでアレですが結構面白いので夏休みに寄ってみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。