スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背表紙を読む

本棚を眺めていたら、唐突に、いま私は
いったいライトノベルのレーベルを何種類くらい
集めてしまっているのかが気になった。

ライトノベル群
ので装丁別に引っ張り出して撮影。
ついタテ書きの感覚で並べてしまったので、右から順に。

集英社スーパーダッシュ文庫(集英社)
富士見ファンタジア文庫(富士見書房)旧
富士見ファンタジア文庫(富士見書房)現行
角川スニーカー文庫(角川書店)
電撃文庫(メディアワークス→アスキー・メディアワークス)
ファミ通文庫(エンターブレイン)02年頃
ファミ通文庫(エンターブレイン)現行
MF文庫J(メディアファクトリー)
ガガガ文庫(小学館)
一迅社文庫(一迅社)※主に男性向け
一迅社文庫アイリス(一迅社)※主に女性向け
HJ文庫(ホビージャパン)旧
HJ文庫(ホビージャパン)現行
メガミ文庫(学研)初代
メガミ文庫(学研)二代目
メガミ文庫(学研)三代目
GA文庫(ソフトバンククリエイティブ)
VA文庫(ビジュアルアーツ)初代
VA文庫ビジュアルアーツ)現行
スマッシュ文庫(PHP研究所)
このライトノベルがすごい!文庫(宝島社)
新風舎文庫(新風舎)
芳文社KR文庫(芳文社)
ピュアフル文庫(ジャイブ)

18レーベルでした。

本屋勤務の善浪氏曰く、ライトノベルをよく買う得意客には
「レーベルの新刊を全部」という形で買う人が少なからず存在するという。
そんなブルジョワ刑事な買い方などできない私は、古本屋の100円棚で
ざっと棚を眺めてティンときたタイトルを
片っ端から買っているのでこういうことになってしまうのだった。

それにしても、去年春先以降新刊の情報が無いメガミ文庫は
総計50冊も出していないのに2度も装丁が変更されている。

あ、コバルト文庫の存在を忘れていた……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。