スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるい・あたらしい・ちいさい

以前、なんとなく気が向いたので
カメラの展示即売会に赴いたことがある。
そこで主に売られているのはクラシックカメラだったが、
デジカメの新古品も扱っているブースがあった。

箱なし・付属品なしの状態で
「モックアップ」という札が付いており
おもちゃみたいな値段で売られていた、

rollei hontai
Rolleiflex MiniDigi AF5.0
という小さなカメラ。赤と黒の二種類あったので両方購入
……したのだが、いま手元にあるのは黒だけ。

とくにカメラに詳しくない私だが、いちおう
ローライがドイツの老舗メーカーであることは知っている。
家に帰ってメーカーサイトを見ると、
1960年代に大ヒットした二眼レフカメラの形態を忠実に
縮小コピーしたトイデジカメだとあった。

画素数5メガピクセル、ズームもフラッシュも付いていないという
携帯電話のカメラと大差ないスペックにもかかわらず
定価よんまんいっせんえん。
エロゲーが6本買える

お金はナッシング、肉体はチープな
私のような人種が持つようなカメラではないようだ。
くわばらくわばら。

「ドンガラとはいえ、何かネタに使うこともあるだろう」
と引き出しにしまい込んでいた。

が、最近久しぶりに手にとって見ると
妙な重量感があることに気付いた。
まるで、中に電子機器が詰まっているかのような……。

というわけで、秋葉原の裏道にあるパーツ屋を巡り
マイクロSDを挿入してすでに忘れ去られつつある規格の
ミニSDカードとして使えるアダプター(100円)と、
少し前のデジカメでよく使われていた規格の
CR-2リチウム電池(210円)を買ってきて
本体に突っ込んでみると、スイッチが入った。

どういうことだ。ローライはモックアップでも
製品と同等品を出荷する豪気なメーカーなのか?

真相は藪の中だが、ともかく得をした。
使えることが分かったので、さっそく何枚か撮影してみる。

ボタンやレリーズがあちこちについているが、
実際使うのは電源スイッチ含めて6つのボタンとレバーだけ。
1枚撮影するたびに横についているレバーを回して
フィルムを巻き上げる動作をしなくては
次のシャッターが切れないという遊び心たっぷりの仕様。

rollei gamen
天辺についている、一片約3センチの液晶では
手ブレしているかどうかなどはほとんど分からない。
おまけに、この小さな本体を上からのぞき込んで
画面を確認するのでどうにも保持しづらい。
考えたら二眼レフの実機は、みぞおちの辺りで抱えるようにして
撮るのであった(参考資料:まんが道)。
精度は諦めて、ファジーな味を楽しめということなのか。

rollei mp5
「オートフォーカス機能」が売りのひとつで
ある程度は露出やピントを調整してくれるため
本体の定価を考えなければ意外に悪くない画になる。
一応500万画素あるので、まあアップにも耐える。

rollei shanai
ただし、シャッタースピードはかなり遅い。
まっ昼間でもレスポンスは実にもっさりしたもの。
動きのあるものを撮るには全く向かない。

rollei matikado
実用性はそれほどないが、オサレを気取りたくなるときに
持ち歩いてしまう、なんともいえない魅力がある。
スポンサーサイト

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ふるい・あたらしい・】

以前、なんとなく気が向いたのでカメラの展示即売会に赴いたことがある。そこで主に売られているのはクラ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。