スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりぼっちのプレイボール

萌え4コマという代物には、部活動をネタにした話が多い。
もちろん、クラスメイトとダラダラするユルい話が一番多いのだが
やっぱり全員で何らかの目標を目指すというのは
お話を作りやすいのだろう。

さて、少年誌のスポーツもので最も多く描かれた題材といえば
やっぱり野球、次点はサッカーということはほぼ間違いあるまい。
高校野球モノが少年誌で連載されていなかった期間など
存在しないのではなかろうか。

では萌え4コマではどうかというと……
まず、スポーツを題材にする時点で比較的珍しいうえに
男子と違い、世間の注目を集める甲子園や天皇杯にあたる大会や
大金を稼げるプロが存在しない(※近年発足したが)ので
目標がはっきりしないのだ。

さて、今回ネタにするのは

901.jpg
【びぎなーず9(ナイン)】(白滝キノコ)

2011年3月「もっと自由に4コマを。」をキャッチコピーとする
『まんがタイムきららMiracle!』(芳文社)の発刊と同時にスタート。

野球部を創設するという野望を抱いて
千丈寺女子高校に入学した二神たま恵(たま)。
親友でお目付け役のちまを巻き込んで、まずは野球経験者の保険医、
篠崎先生に顧問になって欲しいとお願いにいったのだが、
野球で勝負をすることに……。

狭いコマでダイナミックな躍動感を出すなど、
良い意味で個性的な絵柄だが、萌え絵の流行からは離れていたためか
いきなり巻末に掲載というスタート、最終回までの定位置となる。

1話の時点では「入学」としか述べられていないので
彼女たちは中学生か?と思わせたが、2話の冒頭で学校名が出てきて
高校生だったことが判明した。

それにしてもこの千丈寺女子、制服がサスペンダー付きの半ズボンという
まるで私立の男子小学生のようなナリである。
制服のかわいさ目当てに希望者を集める類の学校ではないようだ。

さて女子野球を題材にした場合、大抵は仲間集めからスタートすることになる。
かつてヤングジャンプで連載された【鉄腕ガール】は
女子プロ野球チームの入団テストが行われたため一気に仲間が揃ったが、
メジャーなところだとアニメ化もされた【大正野球娘】、
902.jpg
マイナーどころだと萌え4コマで野球を扱った先達
【しらたま!】(作:あずまゆき。きららMAXで連載)も仲間集めが第一の課題であった。

閑話休題、第2話。
根性をかわれ、篠崎先生に顧問となってもらい野球部は創設できた。
あてがわれた部室の掃除を終え、部員集めに赴くたまとちま。
ソフトボール経験者の初美と、プロ野球観戦が趣味で未経験者の東条さん、
ふたりを捉まえて部室に戻ると、祖父がマイナーリーガーだったという
クォーターの三頭身娘、なお・エリザベスが待ち構えていた……。

3話。篠崎先生にそそのかされて
他の部活からヘッドハンティングを行うことになったたまとちま。
ちょうど目の前で陸上部の顧問に三行半をたたきつけた俺娘マキが加入。
メンコやテニスラケットを使った投球の基本練習を行う彼女たちは、
ノースリーブで腰にヒラヒラの付いた
妙に露出度の高い新しいユニフォームに袖を通す。
ついでに経験者の涼子・涼音姉妹も加入して、残る部員はあと一人。

4話。「あなたが投げても勝てません」とたまに勝負を挑む涼子。
ピッチャー涼子、バッターたまの1打席勝負となったが、
結果は「直球しか投げない」という嘘に引っかかったたまが空振り三振。
イヤミを浴びせられながらも、彼女の野球にかける熱意を知ったたまは、
涼子にチームで野球をする楽しみを教えてゆくことにしたのだった。
なお作中で涼子は「霧山さん」と苗字で呼ばれている。
次話で涼音は名前で呼ばれていることが判明するのだが……。

904.jpg
体罰だ、体罰だ!なお、お金=部費。
そんな5話のアオリは「白滝キノコの描く熱血野球漫画、最終話!」
え゛え゛っ!?前話までまったくそんな様子はなかったのに。
冒頭でいきなり部費を貰う実績作りのために練習試合が行われることになり、
まだ部員が全員集まっていなかったので、急遽たまが助っ人をお願いした
菊田さんと町田さんが紹介されるまでわずか5コマという急展開。
なぜか巨乳ばかりが揃った天神高校との練習試合は、
急造チームの悲しさ、守備陣がエラーの嵐で失点を重ねてしまう。
苛立った先発の涼子は「この試合が終わったら退部する」と言い出して……。

この5話が掲載された『ミラク』Vol.5では、
月刊化を目前にして掲載作品を見直したらしく
この号だけで【びぎなーず9】のほかに、
【前から2両目】(name)、
【にじげんめのうた】(川井マコト)、
【るーてぃんルーティン】(パインパ)
【ルンルルコミュニケーション】(さがら梨々)。
と、掲載作19本中5本が打ち切られている。

もともと『ミラク』発刊時は、
女の子だけのキャッキャウフフが幅を利かせる
『きらら』『キャラット』『MAX』などでは数少なくなった
男女カップリング、SFチックな世界観などといった
萌え4コマとしては比較的マニア寄りと思われる作品が集められていた。

905.jpg
【びぎなーず9】の「熱血」もそのひとつだったのだろう。
野球部のない学校、主人公は熱血バカ、女房役の友人、
チームの面々も、力よりも頭脳、巻き込まれ役、マスコット、
乱暴者、実力はあるがイヤミで高飛車、その腰ぎんちゃく、など。
性別を♂にすると、見事にスポ根の王道である。

せっかくアツくなりそうな展開だったのに、
唐突に打ち切られてしまったのはとても残念であった。
スポンサーサイト

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。