スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日からW杯だからサッカーのことを話すぜ ~Rの想い出~

 ご無沙汰してます、善浪です。
 いよいよ今日からW杯ってことでね、サッカーの話題を一つ語ろうじゃないかと。
 ていうか仲間内でサッカーの話できるの私だけなので。

 さて、「一番好きな選手は誰か?」と問われれば、私は間髪入れず「ロベルト・バッジョだ!」と即答します。
 私は基本的に、情熱的でありながらシステマチックで手堅いイタリア人らしい選手が好みなのですけど(ガットゥーゾとか)、ロビーは別。別格。
 多分、私が物ごころついて初めて観たW杯が94年のアメリカ大会だったことと無関係ではないだろうけれども、あれから年齢を重ねて、改めて何故彼が好きなのかと自問するならば、それは彼が圧倒的に「不可解」で「異端」のプレーヤーだったからではないかと思う。

 バッジョは、決して身体能力に恵まれた選手ではない。足もそれほど速くない。技術は勿論凄い物があったけど、同時代のトッププレーヤーに抜きん出ていたわけではない。彼のすごさはそういうところにはない。
 彼のプレーはいつだって「不可解」なのだ。

 外せるはずのないマークを「何故か」外し、抜けるはずのないディフェンスを「何故か」抜き去り、いるはずのないスペースに「何故か」おり、打てるはずのない体勢からシュートを打ち、入るはずのないコースからゴールを決めてしまう。
 普通の選手であればキャリアに2~3度あるかないかという奇跡的なゴールが、彼には何度もあります。
 その不可解さこそが、彼を「ファンタジスタ」と呼ばしめた。
 しかし、イタリアサッカーは保守的で守備戦術重視。数試合に一度の奇跡的なゴールより、目の前の試合の勝ち点の方が尊ばれます。セリエAでは、彼は「異端」でした。

 94年のW杯。監督の戦術観とは合わなかったにもかかわらず、バッジョはイタリア代表の10番を背負って活躍します。怪我でコンディションは危ぶまれましたが、イタリア代表が決勝に進めたのは彼の功績が大きかった。
 決勝の相手は最強のライバル・ブラジル。試合は熱戦の末、PK戦にまでもつれ込みます。
 そしてイタリアの5人目のキッカーだったバッジョは、「何故か」シュートを大きく外します。打った瞬間、それとわかるミスキック。彼はこれで、イタリア敗退の「戦犯」となってしまう。
 私はこの瞬間をテレビで見てました。そして歓喜のブラジル勢を背に立ちつくすファンタジスタの姿に、どうしようもなく魅せられてしまった。

 不可解ついでに、彼は「何故か」仏教徒でした(もっとついでに言うと、創価学会員です)。
 彼がどのようにしてその信仰に出会ったのか、私は知りません。
 ですが、彼はキリスト教世界でも「異端」でした。「異端」であることを、自ら選んだのです。

 バッジョはどこまでも不可解で、どこまでも異端でした。
 私はそれこそが、彼がファンタジスタであることを担保していたと思う。
 彼のことを、おそらくだれもが理解できない。多分、彼と同じ地平に立つプレーヤーでなければ。
 だから彼のプレーは予測できず、幾多のスタープレーヤーを抜き去り、ゴールを決めてこれたのです。

 また、彼のキャリアは、栄光以上に敗北と挫折に満ちています。
 怪我も多かったし、前述の通り彼を使いたがる監督は少なかった。PKを外したのもそうだし、彼の現役中、結局イタリアがW杯を優勝することはなかった。
 だからこそ、彼には「敗北の作法」が備わっていたように思います。
 94年のあのPKを外した後の彼の後姿は、あまりにも感動的でした。今それを一言で表すなら「高潔」でしょうか。「粋」というのもいいかもしれない。
 私は、あれは「正しい」負け方だったと思うのです。味がある、格好良い負け様だった、と。私は彼の華麗なプレー以上に、その背中に惚れたのです。

 とまあこんな感じで、W杯に乗じて好きなことを語ろうという企画でした。

☆おまけ R・バッジョの基礎動作の解説
     http://www.youtube.com/watch?v=V8A3SQSjdrs&feature=related

 背骨から股関節の重心移動で身体をコントロールってあたりが「達人」ぽくて素敵。 
 どうでもいいけどこのタイツ先生、解説中に「えー」とか「なんて言うか」とか言いすぎだよ! 
スポンサーサイト

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。