スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月11日問題

皆さん、11月11日が何の日かご存知ですか?

……そうですね、第一次世界大戦停戦の日ですね。

この日にちなんで、イギリス、カナダでは「戦没者追悼記念日」、アメリカは「退役軍人の日」、フランス、ベルギーでは「休戦記念日」、ポーランドは「独立記念日」となっています。

もちろん他にもあります。……そうですね、アンゴラの独立記念日ですね。1975年のこの日、アンゴラはポルトガルから独立を宣言したのです。

他にも西ヨーロッパでは「聖マルティヌスの日」、ニューヨークでは「カート・ヴォネガットの日」など、11月11日には様々な記念日が制定されているのです。


これまでは海外の11月11日を見て来ましたが、もちろん、日本にもこの日、様々な記念日があります。

まず「宝石の日」。
1909年のこの日、農商務省令第54号により宝石の重量の表示にカラットが採用されたことを記念して制定されたそうです。なるほど、宝石の歴史がよくわかる由来ですね。

次に「西陣織の日」です。
応仁の乱終結後、全国各地に散らばっていた織手達が西軍の本陣のあったあたり(西陣)に住みついたことが西陣織の由来であることから、応仁の乱が終結した1477年(文明9年)11月11日を記念日としたそうです。なるほど西陣織の歴史がよくわかりますし、日本史の勉強にもなりますね。

さらに「チーズの日」です。
日本史上、チーズの製造が確認される最古の記録が、700年10月に、文武天皇が全国に「酥(そ)」(現在のチーズに近い発酵食品)の製造を命じたというものであることに由来。ほう。10月を現在の暦に置き換えると11月。ほうほう。さらに覚えやすい11日とした。……ん?

今ちょっと「ん?」って思いましたね。なんか、最後だけ適当でしたね。別に「11日」は必然性ないよね?それだったらもう11月全体で「チーズ月間」とかにした方がいいんじゃないのかな?って思いましたね。

さて、ここからが「11月11日問題」の本題です。
日本には、「11月11日」にちなんだ記念日が多すぎるのです。
いや、まあそれだけならいいんですが、皆あまりにも安直なのです。

えー、まあ、取り敢えずどんどん見て行きましょう。

「もやしの日」…もやしを4本並べると「1111」に見えることから。
「麺の日」…麺を並べると「1111」に見えることから。
「きりたんぽの日」…きりたんぽを並べると「1111」に見えることから。
「いただきますの日」…箸を並べると「1111」に見えることから。
「たくあんの日」…たくあんの大根を並べて干している様子が「1111」に見えることから。あと「あん→わん→1」がたくさんあることから。
……まだあります。
「美しい睫毛の日」…睫毛を並べると「1111」に見えることから。
「靴下の日」…靴下を並べると「1111」に見えることから。
「ライターの日」…ライターを並べると「1111」に見えることから。
「チンアナゴの日」…チンアナゴが並んで砂から顔を出している様子が「1111」に見えることから。
「煙突の日」…煙突が並ぶと「1111」に見えることから。
「コピーライターの日」…鉛筆が並ぶと「1111」に見えることから。
「麻雀の日」…点棒が並ぶと「1111」に見えることから。
「配線器具の日」…コンセントの穴が「1111」に見えることから。
「下駄の日」…下駄の足跡が「1111」に見えることから。

えー、この辺で勘弁してもらえますかね。

あの、まあ色々細かいことは置いといてですね、ちょっと、言わせてもらっていいですか?

並べすぎじゃない?

並べりゃいいってもんでもなくない?

いや、ていうかさ、もう皆11月11日ありきじゃない?

だって考えてみて下さいよ。
もやしを4本並べて「あっ、『1111』に見えるなぁ…」ってことないでしょ!?
麺を4本並べて「あっ『1111』に見えるなぁ…」って経験、ないですよね?!
たくあんに至っては、わざわざ英語使ってちなんでんですよ!?日本の食べ物なのに!だったらちなまなくてよくない?

あ、あとね、「豚まんの日」ってのもあるんですよ。豚の鼻が「11」に見えるから。…ってそれ「豚」要素はあるけど「まん」要素ないじゃん!まんどこ行ったんだよ、まん!マンスジが4つ並んだら「1111」に見えるってバカヤロウ!(最低)

これならまだ「介護の日(いい・いい日)」の方が誠実に見えてきます。

何故こういうことになってしまうのでしょうか?
これらの記念日に共通しているのは、肝心のプッシュしたいものよりも「11月11日」の方が優先されているということです。
まず「11月11日」という非常に覚えやすい日があって、それにプッシュしたいものを無理矢理こじつけて何とか記念日にしている、ということなんですね。とにかく覚えてほしくてたまらないんですね。
でもそれって本末転倒なんじゃないですか?と思うんです。

いやだって、「もやしの日」が「1111」にちなんでたからって、別にもやしに興味とか湧かないでしょう。
例えばですよ、日本のもやしの促成栽培技術を確立した林原公彦(仮)さんが生まれた日が11月11日で、その日が記念日だったとしたらですよ、「へー、そういう人がいたんだー。もやしにも色々歴史があるんだなー」ってなるじゃないですか。もしかしたらまかり間違ってドキュメンタリーになったりするかもしれないじゃないですか。
それが何ですか!「もやしを4本並べた」て。並べただけじゃねぇか!何の意味もないよ!しかも皆同じこと考えるもんだから被る被る!

しかもですよ、皆さん、これらの記念日が存在すること、知ってました?知らなかったですよね?僕もほとんどのヤツは今日ウィキペディア見て初めて知りました。

失敗してるんですよ!

ちなむの失敗しているんですよ!

あんだけ分かりやすい日に、無理矢理ちなんだのにほとんど誰も知らないんですよ!

もう皆囚われちゃっているんですよ。「11月11日」の呪いに。これなら覚えやすいやろ、っていう、安易な魅力に乗せられて、大切なものが見えなくなっちゃっているんですよ。
裏を返すと、自分達の推したいものに自信が無いんですね。だからせめて覚えてもらうだけでも…って思って無理矢理こじつけて失敗しちゃうんです。
だからもう、11月11日にちなむのやめよう?そんなものにちなまなくても、君達が推したいものは十分に魅力的だよ!もっと信じてあげようよ!そう思うんですね。無理してちなむんじゃないよ!

まあそんなわけでね、「11月11日問題」というのがこの世界にはあるんだよ、という話でした。
でもあれですよね、普通に生きてたら絶対に知らない記念日をたくさん知ることが出来てよかったですね。
ああ、あと念のため言っておきますが「1111」にちなまない記念日も山ほどあって(※「サッカーの日」…11人対11人でやるから。「鮭の日」…鮭の字の右側がを分解すると十一十一になるから、など、他にもたくさんあります)11月11日はマジで記念日地獄です。

あ、ちなみに僕はポッキーよりプリッツ派です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。