スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出へのリベンジ

今回ネタにするのは、

08211.jpg
『KEY CAR ミラ・ウォークスルーバン』(グンゼ産業)
とっくの昔に絶版になった、ゼンマイで動く軽自動車のプラモです。

このシリーズの『(日産)パオ』は、私がはじめて作ったプラモでした。
時は昭和か平成か、ギリギリボーダーラインだった
6歳くらいの頃に、近所のマルエツで売っていたのを見て
(この頃はちょっと大きいスーパーマーケットなら、駄玩具コーナーで
 安価なプラモを少し扱っているのが珍しくなかったのです)
どうしようもなく欲しくなったときのあの衝動。

「キーを差し込むと右へ、左へ、S字カーブ、円、直進など
 いろいろな走り方をします」

このワクワクをかきたてる説明文が
私のオトコノコハートにはきゅん!どきゅん!したわけです。

当時の定価はたったの400円。
限りなくタダ働きに近い(※おつかいのお駄賃は30円貰えれば上々の部類)
お手伝いの約束と引き換えに買ってもらったか、
百円単位の貯金をがっつり崩したかして
なんとか手に入れたときの嬉しさはいまでも忘れられません。

が、イザ作ろうとして、6・7歳のガキには手に余る
細かいパーツに悪戦苦闘して……そのあとは覚えていません。
おそらく、完成させることはできなかったのでしょう。

よくある話です。

そして先日、秋葉原のレンタルボックスで
同シリーズのエスカルゴと一緒に並んでいるのを見かけたので
即レジへ猛ダッシュ、購買意欲が先走るあまりに視界が狭まり
先に並んでいた褐色肌な外国人のお兄さんを抜かしてしまい
店員さんに「……こちらのお客様が先に並んでおりましたので」と
社会性皆無のクズを見る目をされました。

ぐうの音も出ません。


そンなわけで、20ン年ぶりのリベンジといきましょう。

08212.jpg
ブリスターパッケージの凝った箱詰め。

ガキの手には余ったとはいえ、パーツ点数は10点ちょっと、
どんなに丁寧に作っても15分もあれば形になります。

ボディーは水性ホビーカラーの白で塗るように指定されていましたが、
もちろんガン無視。ホンダ1300に塗るために買っておいた
タミヤカラーのパークグリーンを筆塗り。
08213.jpg

シールを貼って完成。「AKIHABARA PLANET ANTENNA」のロゴが
箱絵と逆向きなのはなぜでしょうか。

細かいことは気にせず、レッツ試運転!
08214.jpg
キーを奥までずっぷり差し込んで、ゼンマイをいっぱいに巻き

08215.jpg
10秒経過……うんともすんとも動きません。

08216.jpg
構造は簡単なものです。差し込まれたこのキーが
ゼンマイの力で前に押し出されつつ、刻まれたパターンで
左前輪の舵を切るというものなのですが……

いろいろいじくり回してみたところ、
ゼンマイのパワーが弱いため、キーを前に送りつつ
タイヤを動かすという動作が困難なようです。

昭和の駄菓子屋キットですから。
アイデアは面白かったのでよしとしましょう。

思い出への復讐、失敗。




08217.jpg
そして次回予告?
『妖しさ爆発!メイドインコリア、
 アカデミー科学の黒歴史こと1/24現代自動車ポニー2』
乞うご期待。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。