スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本塁打狂想曲

おそらくこのブログを皆さんが見ている頃には
結果が出ているであろう、タマ蹴った入った喜んだ大会こと
ワールドカップ、デンマーク戦の話題で世間は持ちきりの中、

マリンスタジアム

千葉マリンスタジアムで行われたパ・リーグ公式戦、
ロッテ対オリックス(9回戦)を観てきた。

新宿のチケット屋で、定価約4000円の内野の結構いい席が
2000円ちょっとと安かったので。

そろそろ優勝の望みを捨てざるを得ない球団も出始め、
この日は晴れたとはいえ雨天中止の多い梅雨時。
なおかつ夏休みがはじまるまでまだ3週間ほどあり、
セ・リーグとパ・リーグの交流戦も終わったばかり。
などなど、悪条件が重なるこの時期にタマ蹴った(略)。

そりゃ券も叩き売られるわけで。

さて18時15分、ほぼ定刻にプレイボール。
初回にロッテは5番大松の右中間を破るタイムリーで2点を先制したものの、
やたらと試合展開がまったり。

渡辺俊 金子千
ロッテ先発渡辺俊はアンダースローからの遅球をじっくり見られて
5回までに104球を投げさせられ(順調なら9回完投できる球数)、
オリックス先発金子千もカーブ以外は制球が定まらず
こちらも6回126球と投げすぎもいいところ。
そのため2時間経った時点で4回、まだ半分も終わっていないのだった。

半袖を着ているとやや寒く感じるほどの海風を浴びていると、
潮のせいかだんだん肌がべたべたしてくるところが
気だるさを倍化させる。

塁上は賑わうものの、なかなか決定打が出ない展開だったが
7回にロッテ井口が、この回からリリーフした

鴨志田
足を高々と上げるサイドスローという変則フォームの
鴨志田(元読売)からバックスクリーンへソロホームラン。

金泰均
続くバッターは韓国からやってきた助っ人打者、金泰均(キム・テギュン)。
彼がホームランを打ったら、場内のロッテリアで売られている特製メニュー
「キムチ・テギュンバーガー」が定価400円のところ
50円で52名に販売する企画(背番号52なので)が行われている。

実はシーズン前の告知では「ホームランを打った瞬間から52円」だったのだが、
意外に打ちそうな気配を漂わせたのを察知した営業サイドが
こっそりと2円値下げする代わりに数量限定に変更したのだった。

ともかく金泰均は期待に応え、強烈な流し打ちで大きな放物線を描くと、
ライトを守る荒金はライトポール寄りのフェンス際へダッシュ。
そして、まだボールはフェンスを越えていなかったにもかかわらず
気の早いファンたちもグラウンドに背を向けてドタバタとロッテリアへダッシュ。

この試合、最も面白かったのはこの場面だった。

ヒーローインタビュー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊谷雑文組合

Author:熊谷雑文組合
熊谷雑文組合運営のブログです!皆で書いてたりします★
◆メンバー(このブログの執筆者達)
小竹大樹…隊長的な人
朽葉…ネットランナー
善浪栄一…目が死んでる
萌兄…イラスト係兼、メイド狂
環俊次…2次元ジゴロ
加糖コージ…中学二年生
きのこ汁子…ドール愛好家
など。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
Twitter
カウンター
ご意見、ご感想

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
コメント
トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デジタル書房
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。